これは希少!ドイツチューナ・DMCの過激チューニングモデルとなるランボルギーニ「アヴェンタドールDMC Dizione GT」が目撃に

2020-05-27

何とも希少なカスタムモデルの「アヴェンタドール」が登場

モナコにて、何とも珍しいランボルギーニ「アヴェンタドール」のカスタムモデルが登場。
こちらの個体、ドイツの名門チューナ・DMCによる専用ボディキット「アヴェンタドールDMC Edizione GT」で、カーボンファイバ製カスタムフロントバンパーやフロントウィング、フロントスプリッター、フロントカナード、フラップ、トンネル、リヤバンパー、リヤディフューザー、リヤフラップ等、装着できるものは可能な限り装着したフルエアロキットとなります。


サイドからリヤにかけても抜かりないカスタム

サイドから見てみるとこんな感じ。
最新のスポーツサスペンションをインストールすることで良い感じにローダウンされ、Edizione GTスカートやサイドフラップを装着することで、よりレーシング風なスタイリングへと変貌しています。
足元のホイールはフロント20インチ、リヤ21インチの前後異径サイズとなる合金タイプとなりますが、最大限まで軽量化されているため軽やかな足回りを提供します。

リヤデザインはこんな感じ。
スリット溝の深いカーボンファイバ製リヤディフューザーとエアロエンジンカバー、大型リヤウィング等、「アヴェンタドールSV」以上の過激さを持つリヤデザインとなっています(これは派手すぎる)。

気になるパワートレインについては、排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力700ps/最大トルク690Nmと純正と変わらずのスペックとなります。
なお、こういったカスタムモデルを公道にて目撃する例は非常に稀で、特にカスタム数が限られるDMCを目撃するのは奇跡レベルと言っても良いでしょう。

☆★☆DMC関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう