マンハート(Manhart)がBMW「8シリーズ・クーペ」を過激カスタム。「M8」並みのチューニングアップで600馬力以上発生も

2020-05-27

マンハートが「8シリーズ」を過激カスタム

主にBMWを専用とするドイツ・Wuppertal拠点の過激チューナ・マンハート(Manhart)が、BMWの上位グレード「8シリーズ・クーペ」を過激カスタム。
今回公開されているカスタムモデルは、「M850i」をベースにレンダリングにて作成され(つまりはまだ現車はない)、”MH8 600”と呼ばれるチューニングプロジェクトにてエンジン出力を大幅に向上させるとのこと。


マンハートのトレンドにもなっているゴールデンストライプは健在

「M850i~MH8 600~」のボディカラーは、マット系ブラックカラーに身を纏い、フロントボンネットやドアサイドパネルにゴールデンストライプ、そしてフロントエンドにピンストライプを加えた何とも渋い組合わせになっています(これがまた刺激的なのよ!)。

足元には、H&Rロアスプリングとマットブラック仕上げの21インチ大口径アルミホイール(しかもリム周りにはゴールドストライプ付)を装着することで、適度なローダウンとダイナミックさを表現。
下周りには、カーボンファイバ製フロント・リヤスポイラーを装着し、マットブラックとはまた異なるちょっとしたアクセントと空力特性の向上につながっています。

リヤデザインはこんな感じ。
純正を崩さないド派手なデザインで、ゴールドのピンストライプが入ったリヤディフューザーと両サイド2本出しの大型エキゾーストフィニッシャをインストールしています。

エンジンチューニングにより「M8コンペティション」以上のパワーを発揮?!

そして気になるパワートレインについては、排気量4.4L V型8気筒ツインターボエンジンはそのままに、ソフトウェアの最適化パッケージによって最高出力530hp→621hp/最大トルク750Nm→870Nmへと大幅に向上しています。
(多分、ハイパフォーマンスモデルの「M8コンペティション」よりも若干スペックが高いぐらい)
パフォーマンス性については、0-100km/hの加速時間が3.5秒~3.6秒と驚異的な加速力を発揮すると言われています。

なお、今回は上位グレードの「M850i」をカスタムしていますが、エントリーグレードの「840d」のカスタムプログラムも登場すると思われます。

☆★☆Manhart(マンハート)関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう