G-PowerがメルセデスベンツAMG「E63 S」をカスタム。フェラーリ「812スーパーファスト」と同じ馬力で0-100km/h加速時間は3.1秒

2020-05-27

G-Powerが「E63 S」をスーパーカー並にチューン!

ドイツの有名チューナであるG-Power(Gパワー)が、メルセデスベンツAMG「E63 S」を過激カスタム。
今年の初め、メルセデスベンツ専属のチューナ・Brabus(ブラバス)が「E63 S」専用の過激チューニングプログラムを発表していましたが、G-Powerはそれよりも更にパワーアップしたアップグレードパッケージを発表しました。


エンジン出力は「812スーパーファスト」と同じ!

具体的には、エンジンのハードウェアやソフトウェアを大幅に変更し、更には電子的な調整を行うためにエンジン保護機能と診断機能に影響を与えずにECUをリマッピングするPerformance Software V3なるものを搭載。

その他のハードウェアアップデートについては、ターボチャージャーの改造としてCNC機械ケースと航空用の最適化されたタービンホイールを搭載。これにより、G-Powerがこれまでのチューニングシリーズのコンポーネントと比較して比類のない優れた性能を発揮すると主張しており、更にステンレススチールダウンパイプ(触媒コンバーター込)とステンレススチールエキゾーストシステムを追加することで更なるパワーアップを図ります。

以上により、パワートレインとしては排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンはそのままに、最高出力612ps→800ps(+188ps)/最大トルク850Nm→1,000Nm(+150Nm)まで向上。まさかのフェラーリのフラッグシップGTモデル「812スーパーファスト」と全く同じエンジン出力を得ることに。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が3.1秒、最高時速は300km/hにまで到達します。

エンジンチューニング以外については、ジェットブラックダイヤモンド仕上げを施した21インチハリケーンRR合金ホイールを装着し、ブラックウィンドウフレーム、ミラーキャップ、トランクリッドスポイラー、メルセデスベンツエンブレムの代わりとなるブラックバッジを貼付することで、全体的に引き締まりの強い一台を提供します。

【G-POWER E 63 S AMG: Supersportler-Performance für die AMG-Limousine】

☆★☆G-Power関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう