アウディがスーパーボウル(Super Bowl LIII)向けのティーザー映像を公開。「e-tron GT」だけでなく新たな2モデルも公開?!【動画有】

2020-05-27

この時期は定番のスーパーボウル。まずはアウディから!

今年で53回目を迎えるアメリカンフットボールの祭典ともいうべきスーパーボウル(Super Bowl LIII)ですが、今回はアメリカ・ジョージア州アトランタのメルセデスベンツ・スタジアムにて2月3日より開催されることが確定していて、やはり今年もアウディから新たなるモデルを示唆するティーザー映像が公開されます。


EVモデルを販売していくことを示唆した重要なティーザー映像

今回公開されているティーザー映像では、主人公の男性が所有するガレージにてハイパフォーマンスEVモデル「e-tron GTコンセプト」が登場。
このモデルは、2年後に生産開始することが予想されるとのことで、電気性能の将来性を披露しながらも、アウディが採用するEVに向けたプラットフォームが、全てのEVモデルに共有されることを示唆しています。

そしてティーザー映像の後半には、「2025年までにはアウディモデルの3分の1がハイブリッドとEVモデルになるだろう」とメッセージが映しだされ、本格的にアウディも環境法規制に向けたクリーンでハイパワーなモデルたちをラインナップしていくことを表しています。

そしてここからが最も注目すべきポイントなのですが、先ほどのメッセージが映しだされたあとに、まさかの3車種が公開されていて、一番右は「e-tron GTコンセプト」だと思いますが、それ以外の真ん中のSUVモデルと、クロスオーバーもしくは4ドアセダンと思われるEVモデルが登場しています。
先進的な装備と優れたパフォーマンスを発揮するであろうこれら3台ですが、このモデルたちが新しいアウディブランドを牽引していくモデルになることは間違いなさそうです。

【Audi Presents: Cashew】

☆★☆スーパーボウル関連記事4選はコチラ!☆★☆