【約2.1億円の利益】アメリカの不動産王Manny Khoshbin氏のために作られたケーニグセグのワンオフモデル「アゲーラRSフェニックス」が約4.5億円にて売却される

2020-05-27

スポンサーリンク

~あの「アゲーラRS」のワンオフモデルが売却に!~

マクラーレン「P1/セナ」やブガッティ「ヴェイロン・Linea Vincero(リネア・ビンチェロ)」、パガーニ「ウアイラ・エルメス」といった数多くの希少車を所有し、今後メルセデスベンツ「AMG One」やマクラーレン「スピードテイル(Speedtail)」、そしてブガッティ「ディーヴォ(Divo)」といった超希少モデルも納車される予定のアメリカ不動産王Manny Khoshbin氏。

そんな不動産王のために約1年前に納車されたケーニグセグのワンオフモデル「アゲーラRSフェニックス(Agera RS Phoenix)」が売却されたことが、CNBCの情報から明らかとなりました。

スポンサーリンク

~「アゲーラRSフェニックス」は納車される直前にクラッシュしていた~

元々このモデルは、世界限定25台のみ販売された「アゲーラRS」をベースにワンオフ仕様として「アゲーラRS”グリフォン”」という名前で納車する予定だったのですが、納車直前にケーニグセグのテスト走行中にクラッシュしてしまい、再度作り直したモデルが再ワンオフモデルのフェニックスとなります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

「アゲーラRSフェニックス」は、ボディのあらゆるところに24金の金箔が使用されています。
それ以外のブラックの部分はオールカーボンファイバ製というクレイジーっぷり。
パワートレインは、排気量5.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力1,160hpを発揮します。

~当初は約5.5億円にて売却する予定だった~

Manny Khoshbin氏によると、「アゲーラRSフェニックス」は約2.4億円にて購入し、高級中古車ディーラであるTushar Kelshikarに売却する際には約5.5億円まで交渉したものの、最終的には約4.5億円にて売却されたとのこと。
なお、今回の売却によって約2.1億円の利益を得たManny Khoshbin氏ですが、この利益分を持ってマクラーレン「スピードテイル」等のハイパーカーが購入可能となりますが、同氏は上記の納車予定のモデル以外にも多数オーダー中のスーパーカーがあるようで、それに向けての投資を継続していくとのこと。

☆★☆Manny Khoshbin関連記事3選はコチラ!☆★☆

Reference:TheSupercarBlog.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう