オランダにて謎のオープンスーパースポーツが登場。ところでこのモデルは一体何?

2020-05-27

~これまでに見たことない謎のオープンモデル。これ一体なに?~

オランダ・ラーレンにて、謎のブルーカラーに身を纏ったオープンスーパースポーツモデルが登場。
実はこのモデル、オランダの新興スーパーカーメーカであるサヴェージ・ライヴァル(Savage Rivale)社が2012年に発売したオープンスポーツモデル「ロードヨットGTS(Roadyacht GTS)」というマニアックな個体となっています。


~見た目はスーパーなだけでなく、実用性も考慮されたスペシャリティモデル~

via:https://gqjapan.jp/

しかもこのモデル、よ~く見てみると4シータでバタフライドアを採用した4ドアタイプを採用しており、グレードとしてもオープンのみ(ハードトップの手動脱着式)をラインナップした個性的な一台となっています。

年間で製造する台数も非常に限られているとのことで、鋼管スペースフレームとカーボンファイバを組合わせプラットフォームを採用し、パワートレインはプロタイプの時点ではシボレー「コルベットZ06」と同じ排気量7.0L GM製V型8気筒エンジンを採用していたものの、量産モデルからは排気量6.2L V型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力680hpを発揮するアメ車仕様になっています。

ちなみに、気になる価格帯は約4,000万円とランボルギーニ「アヴェンタドール」やフェラーリ「812スーパーファスト」に匹敵する高額モデルとなりますが、オランダでもこのモデルを目撃できる可能性は非常に低く、ブガッティやパガーニを目撃するよりもかなり希少な一台とのこと。

☆★☆新興メーカ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:AUTOGESPOT, GQJAPAN

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう