えっ、早過ぎない?!マンソリーがブガッティ「シロン」をカスタムした”Mansory Centuria”が早くも転売中、その価格は約5.2億円

2020-05-27

~あのマンソリーカスタムのブガッティ「シロン」が早くも転売中~

以前、スイス・ジュネーブモーターショー2019にて世界初公開されたマンソリーカスタムモデルのブガッティ「シロン”Mansory Centuria”」。
このカスタムモデルは、マンソリー史上最高額を誇る究極の一台であるとして大きな注目を浴びましたが、何とそのモデルが早くも中古車市場にて転売されていることがわかりました。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~改めてどういったデザインなのかを見てみよう~

このカスタムモデルは、マンソリーの特徴ともいえるフォージドカーボンファイバパーツがあらゆるところに装着され、更には足元のホイールにも特別にパターン化されたフォージドカーボンを採用しています。

こちらはリヤエンド。
リヤマフラは、連なるクワッドエキゾーストパイプから楕円形のハウジング内に設けられたマフラへとカスタム。このデザインは中々に斬新でかなり好み。
そしてリヤディフューザーもかなりド派手でアグレッシブ。マンソリーらしい攻め込んだエアロパーツですね。

インテリアはフルアルカンターラを採用したスポーツシート。
ステアリングやダッシュボードにもふんだんにアルカンターラを採用していますね。

ちなみにこちらのモデル、走行距離は約23kmと全く走っておらず、エンジンやボディコンディションも最善のため異常は全く無し。
中古車販売価格は約5.2億円と、新車販売価格 約3億円~4億円するスタンダードな「シロン」よりも約1.5倍アップの値段となっています。

まさかマンソリーの最新カスタムモデルが早くも転売されるとは予想もしていませんでしたが、価格も価格なだけにすぐに売れると言うことは中々ないかもしれません。

☆★☆マンソリー関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう