フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」の開発車両がまたまた日本にて登場!何と2台同時で目撃、それぞれホイールも異なるデザインに

2020-05-27

~まだまだ目撃情報の絶えない新型「フィット4」のテストカー~

さて、以前より度々目撃されているフルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」の開発車両ですが、今回も国内にてテスト走行中のところを目撃されています(画像を提供頂いたS様には心より感謝申し上げます!)。
今回目撃されている個体は、栃木県宇都宮市のベルモール前の公道を走行していたとのことで、何と2台の次期「フィット4」がテスト走行していたそうです。

何れも、スタイリングは全く同じとなる4ドアハッチバックモデルとなりますが、実はそれぞれ装着しているホイールのデザインが異なります。
どういったデザインのホイールを装着しているかチェックいていきましょう。


~実は過去にも目撃されたテストカーと同じデザインであることが判明~

こちらが先ほどの画像を拡大したもの。
足もとのホイールを確認してみると、ブラックペイント処理された15~16インチのアルミホイールだと思われ、スパイラル風のスポーティなホイールのようにも見えますね。

ちなみに先ほどのホイールデザインは、過去に目撃された開発車両と同じものを装着しているものだと思いますが、他と異なる部分を見ていくと、後席サイドガラスとリヤクォーターガラスの間にカモフラージュラッピングが施されていたものの、今回目撃された開発車両にはそのカモフラージュも排除されていますね(フロントの三角窓も若干カモフラージュが施されている)。

~おそらく何れの開発車両もグレードは異なると予想~

そしてこちらがもう一台目撃された開発車両。
こちらも全く同じ4ドアハッチバックモデルとなりますが、足元のホイールはスパイラルタイプではなく、マルチスポークタイプであることがわかります。

拡大してみるとこんな感じ。
こちらも、以前に目撃された開発車両同様に、現行「フィットRS」風のスポーティな切削加工の16インチホイールをブラックペイント処理した引き締まったデザインに仕上がっていますね。

こちらが前回目撃された例の「フィットRS」風ホイールを装着した開発車両。
カモフラージュラッピングの貼付エリアや足元のホイールデザインを比較してみたところ、おそらく同じ個体ではないかと思いますね。

via:https://www.honda.co.jp/

そしてこちらが、現行「フィットRS」に装着されているホイールデザイン。
切削光輝に加えて、細いシングルスポーク部分はブラックにペイント処理されたデュアルトーンタイプとなります。
十分なサイズ感とデザイン性を持つホイールではありますが、これよりも更に高級感も加味したホイールとして登場することが期待されています。

☆★☆新型「フィット(FIT)」関連記事4選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう