リバティーウォークがランボルギーニ「ウラカン」を過激にカスタム。「アヴェンタドールS」のような顔つきでオーバーフェンダーも独自デザインに

2020-05-27

~これまたヤバそうなリバティーウォークカスタムが誕生~

国産車や旧車、スーパーカー等幅広くカスタム・改造を手掛ける日本の過激チューナーでお馴染みリバティウォーク(Liberty Walk)が、ランボルギーニのエントリーモデル「ウラカン(Lamborghini Huracan)」をベースにした過激ワイドボディキット「Silhouette Works GT(シルエット・ワークスGT)」を発表しました。

今回リバティーウォークが発表した専用ワイドボディキットは、「アヴェンタドールS」のような独特なフロントバンパーとフロントスプリッター、カーボンファイバ製フード、そして僅かに与えられたエアルーバーを備えるフレアホイールアーチを備えるゴリゴリ仕様に。


~過激仕様でありながらもリバティーウォークのアイデンティティは封印~

サイドからも見てみましょう。
腹下ガリガリでワイド感満載のサイドスカートと、こんもりと膨らんだリヤフェンダーアーチが非常に印象的。
ただ、リバティーウォークの代名詞といえば外付けリベット留めのオーバーフェンダーだと思うのですが、今回はそういったコンバートタイプではなく、よりシームレスでスタイリッシュなデザインへと仕上がっていますね。

ちなみに足回りにはエアサスペンションがインストールされていると思いますが、相変わらず車高が低いこと何の。
さすが”族車”をモチーフにしているだけあって、ここまで低さに拘るチューナーも珍しいのではないかと思います。

リヤデザインはこんな感じ。
ルーフからエンジンカバーへと延長されたシャークフィンと一体型となる大型リヤウィングが装着され、これまでのリバティーウォークになかったGT風のリヤデザインへと進化しています。
リヤディフューザーもより低さが際立ち、リヤエキゾーストパイプも大口径タイプへと変化しているように感じられます。

なお、今回発表された「シルエット・ワークスGT」の価格帯は明らかにされていませんが、11月上旬より開催のアメリカ・ラスベガスにて開催されるSEMAショーにて公開予定となっています。

☆★☆リバティーウォーク関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう