フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」にタイプRが登場したら?というレンダリングが公開。「シビック・タイプR」ベースでかなりスポーティに【動画有】

2020-05-27

~何だかんだで密かに市販化を望んでいる新型「フィット4・タイプR」~

11月頃に販売予定となっているフルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(Honda FIT 4)」。
当ブログにおいても、先行で細かい情報を公開していますが、今回は「フィット4・タイプR(FIT Type R)」が登場したら?というレンダリングが公開されています。

今回のフルモデルチェンジ版では、自動車情報誌ベストカーが「タイプR登場決定!」と断言しながらも、実際には市販化されないことが明らかになっていますが、市販化されないながらもタイプRの要素を取り入れています。


~意外に市販化されてもおかしくない完成度~

改めて新型「フィット4・タイプR」のレンダリングを見ていきましょう。
レンダリングベースは、これまで目撃されてきた「フィット4」の開発車両に加え、新型「シビック・タイプR」のチャンピオンシップホワイトを取り入れ、更にはフロントにダミータイプのインテークパーツ、フロントスプリッターやサイドスカートにはカーボン調のエアロキット、そしてフロントエンドにはブラックとレッドのアクセントが絶妙にマッチしたグリルが設けられていますね。

新型「フィット4」では、グリルレスの非常に滑らかなボディになることが決定していますが、もしもタイプR版として登場したら、エンジンの冷却効率を高めるためにもグリルは必須(Type Rバッジ付)になると思いますし、トータルバランスを高めるためにノンハイブリッドで軽量化も図られるのではないかと思いますね。

ちなみに足元にはブラックペイント処理された18インチの大口径アルミホイールを装着し、超強力なブレンボブレーキ、大口径ディスクを装着することでレーシーな走りを提供するのではないかと思われます。

~シレッと「フィット3」のタイプR版も公開されていた件~

ちなみにこちらが、現行「フィット3」をベースにした「フィット3・タイプR」。
先ほどの「フィット4」とは異なり、より一層のアグレッシブな顔つきへと変化していますね。

なぜサイドミラーキャップのカラーリングが「フィット4」とで異なるのかは不明ですが、何れもタイプRの血統を受継ぐにはバランスのとれたレンダリングではないかと思います。

【all new honda jazz turbo type R 2020 indonesia- Yakin mau beli??harganya bikin kantong jebol】

☆★☆新型「フィット4」関連記事5選はコチラ!☆★☆