2020年モデル・いすゞ新型「D-Max」の開発車両が突如として登場。フロントデザイン一新、但しエンジンは流用、マツダのOEMモデルも発表予定

2020-05-27

~インド市場では既に発表されている新型「D-Max」~

いすゞのピックアップトラックモデル・新型「D-Max」の開発車両が、2019年初め頃にスウェーデンの豪雪地帯にてテスト走行を行っているところが目撃されていましたが、今回2度目となる久々の開発車両ということで、相変わらずカモフラージュは分厚いながらもフロントグリルやヘッドライトの一部などが確認できる状態となっています。


~いすゞも独自のデザイン言語を採用してくる?~

1回目に目撃されていた開発車両では、4ドアダブルキャブバージョンが目撃されていましたが、今回の開発車両では2ドアモデルが目撃され、恐らく派生バージョン含め様々なグレードがラインナップされると予想。

インテリアも少しだけ確認できますが、フロントの後ろにはベンチシートが搭載されるようで、基本的には2人乗りではあるものの、エマージェンシーシート的な役割も含めて5人乗りとしているようですね。

気になる外観についてですが、全体的に黒いテープのようなものでカモフラージュされているため、細かいデザインを確認することはできないものの、ヘッドライトやテールライト、バンパー、そしてフロントグリルは全て一新するとのことで、これまでにないいすゞの新たなデザイン言語が採用される可能性が高そうです。

ちなみに、インド市場では既に4ドアタイプのフェイスリフト版・新型「D-Max」が発表されていますが、どうやらインド市場にて発表された個体とは異なるデザイン性を持つとのことで、よりアグレッシブに進化するのか、それとも全く違う方向性となるのかは気になるところです。

気になるパワートレインについてですが、今のところ欧州市場などでも活躍している排気量1.9L 直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載し、最高出力163ps/最大トルク360Nmを発揮。
トランスミッションは、6速MT/6速ATの何れかから選択が可能となっています。

発売時期については、2020年後半を予定しているとのことですが、それに合わせてマツダのOEMモデル・新型「BT-50」も発売される予定となっています。

☆★☆いすゞ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう