過激チューナーWALDが、トヨタ新型「ハイラックス」をカスタム。6本出しサイドマフラ&カーボン製オーバーフェンダでゴリゴリ&イケイケのピックアップ仕様に

2020-05-27

~圧倒的なインパクトを与えるカスタムモデルの「ハイラックス」が登場!~

日本の過激チューナーでお馴染みWALD International(ヴァルド・インターナショナル)が、トヨタの新型ピックアップトラックモデル「ハイラックス(Toyota Hilux)」を過激にカスタムした専用アップグレードキット”スポーツライン・ブラックバイソン・エディション(Sports Line Black Bison Edition)”を実車公開しました。

今回公開されているボディキットでは、20インチアルミホイール仕様と22インチアルミホイール仕様もラインナップされているそうで、その他にも純正ではまぁ装備することのないであろう過激なエアダクト付フロントボンネットや、フロントカナード、サイドスカート等をまとめて装備しています。


~欧州モデルに一切引けを取らない過激さとダイナミックさが持ち味~

特にコチラのフロントボンネット用のエアダクトですが、後付け感満載ながらもその迫力はかなりのもので、敢えて2口仕様に仕上げてくるのもハイセンス。

フロントバンパーもかなりアグレッシブ。
マットブラックのボディカラーに、まるでメルセデスベンツのようなデザインを持つフロントエアインテークを装備。
明らかにメルセデスベンツ「Xクラス」に対抗するかのような挑戦的な表情を持ちますね。

これもかなりヤバいな…
カーボンファイバ製の外付けリベット留めとなるオーバーフェンダーを装着。リバティーウォークでもなかなかカーボンファイバ製オーバーフェンダーを装着しませんが、こういったところのダイナミックさはWALDならではだと思います。

なお、こうしたワイドボディキットにより片側55mmワイドになっているそうですから、車幅2,000mm超えは覚悟した方が良さそう。

リヤエンドもゴリゴリ感満載ですね…しっかりとリヤにはWALDバッジも貼付されています。

サイドステップとサイドスカートが装備され、更にその下には片側3本だしとなるサイドマフラーをインストール。
っということは…?

やはりもう片方にも3本のエキゾーストパイプが装備されていましたね。
計6本出しサイドマフラというのはかなりの変態ではないかと思います。

足もとには22インチの大口径アルミホールを装着していますが、オプションにて20インチも選択可能なので、この辺りは予算と相談しながら選択できるので非常にありがたいところですね。

☆★☆「ハイラックス」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:KEYAUTO.MY

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう