フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」の実車インプレッション。丸くなった細部やウィンカーの点滅ポイントを改めて見てみよう

2020-05-27

~早速新型「フィット4」の実車インプレッションへ~

本日10月23日より開催中の東京モーターショー2019にて、最も注目されていたホンダのフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(FIT4)」が遂に世界初公開されました。
既に当ブログでも詳細となる装備内容やデザインについては公開してきましたが、今回は同車の外観インプレッションをしていきたいと思います。

まずは正面から見たときの新型「フィット4」ですね。
現行「フィット3」のようなガンダム感ではなく、女性や男性も好みそうなユニセックスな感じと欧州感が漂う一際目立つ感じに進化しましたし、なによりもフロントヘッドライトがより大きくなったことで、ホンダの新たな個性が誕生したようにも思えますね。

ちなみに、上のモデルは営業車等での活用を想定したエントリーグレードのBASIC(ベーシック)となりますが、フロントヘッドライトやデイタイムランニングライトは全てLEDを採用していて、フロントフォグランプレスにすることでより引き締まった顔つきにも見えます。


~その他の細部もじっくりと見ていこう~

少しフロントに寄せてみると、想像以上に大きく囲まれたU字型のLEDデイタイムランニングライトの主張が強くも感じますね。
ボディの凹凸もあまりなく、非常に滑らかで親しみやすいデザインのように感じます。

ちなみに、フロントのウィンカー部分は単眼LEDヘッドライトの上部にあるまゆ毛のようなところになります。

こちらが例のグリルレス。その下にはちょっとしたスリットも入っています。
新型「フリード/フリード+」を想起させる先進的なデザインですが、こうしたデザインが今後のホンダのアイデンティティになり得るかもしれません。

~リヤデザインもフロントとの統一感を重視~

そしてこちらがリヤデザイン。
リヤテールランプはフロントのデイタイムランニングライトと統一性を持たせたU字型を二重にしたものになりますね。
全体的に凹凸感を無くし、非常に丸みを帯びたシンプルなデザインに仕上がっています。

あとは助手席側に設置される給油口ですが、これが思ったよりも高い位置にありますね。
少し角度も付いていますが、これによる給油のし易さがどれだけ向上したのか?それとも難しくなったのか?非常に気になるところです。

あとはシレッと見えるシャークフィンアンテナ。
これは全グレード共通でボディカラー関係なくブラックにペイントされるとのこと(おそらくコスト削減が目的と推測)。

そしてこちらがリヤテールランプ。
その直下には新しいロゴ表記の”FIT”バッジが確認できますね。
なお、リヤウィンカーは中央左側の豆球になっているため、この辺りはちょっとチープ感が否めないところですね。

こちらはスポーティグレードのNESS(ネス)。
ルナシルバーメタリックにライムグリーンのアクセントが入った何とも個性的な一台。
必ずしもこの配色にて販売されるわけではなく、オプションにて選ぶことが可能となりますが、ちょっと勇気のいるカラーリングではないかと思います。

☆★☆新型「フィット4」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう