今日のプリウス…レクサス仕様に過激カスタムされたトヨタ「プリウスα」が登場。”F SPORT”バッジを付けながらもフロントグリルは非メッシュ?

2020-05-27

~オーナーの情熱が伝わってくる過激な「プリウスα」~

国内某所の有料パーキングにて、何とも気合の入ったトヨタ「プリウスα(Toyota Prius α)」の改造モデルが目撃に。
フロントデザインを見る限り、「プリウス」特有の純正バンパーではなくレクサスのスピンドルグリルを模倣した内容になっており、更にフロントグリルには”L”バッジ、スピンドルグリルのロア部分にはフォグランプが装着されています。

インテーク部分は、グロスブラック仕上げと思われるダミーヴェゼルチックなパーツがポン付けされ、縦型基調で5灯式のデイタイムランニングライトも装備されているようですね。

フロントヘッドライト周りを見ていくと、ヘッドライトカバーを装着することで、より引き締まった顔つきになりつつ、その直下にはレクサスの象徴ともいえるL字型の独立式LEDデイタイムランニングライト(のテープが貼付?)を装備しています。


~グリルは”非F SPORT”デザインなのに、フェンダーには”F SPORT”バッジが?~

フロントエアロやサイドスカートも装着され、足回りもそれなりにローダウンされたゴリゴリのカスタム仕様となっていますが、個人的に残念と思ったのは、フロントフェンダーには”F SPORT”グレードを意味する”F”バッジが貼付されているのに、フロントのスピンドルグリルはF SPORT専用のメッシュグリルではない、ベースグレードやversion L等のグリルという点。
この辺りはもう少し徹底的に拘ってほしかったところですね。

足回りも細かく見ていくと、ホワイトのシングルスポークアルミホイールを装着し、レッドのペイントが施されたブレーキキャリパにLEXUSのロゴを追加しています。
この辺りは社外製パーツを上手く流用していると思います。

リヤデザインはこんな感じ。
リヤロアバンパーが装着され、シルバーのアクセントが加味されたダミーエキゾーストシステム、更にリヤテールゲートには”L”のエンブレムも”LEXUS”バッジ、そして何故かフロントフェンダーに付くはずの”F SPORT”バッジも併せて貼付されていますが、かなりF SPORTを強調させたいのかもしれません。

トランクスポイラーや整流板等、細かい部分を挙げたらキリがありませんが、こちらのオーナーさんも相当にレクサスが好きなのでしょうし、カスタム費用も(レクサスが購入できるぐらい?)相当にかけているのではないかと思いますね。

~過去にはこんなレクサス仕様の「プリウス」も~

ちなみに過去にも、インターネット中古車サイト・カーセンサーにおいて、2011年式・走行距離4.7万kmとかなり走り込まれ、レクサス仕様にカスタムされたトヨタ「プリウス」が総支払額1,557.2万円にて販売されていたことも。
ランボルギーニ「ガヤルド」やフェラーリ「360モデナ/F430」の中古車が購入できてしまう程に高額なモデルとなっていますね。

この個体を販売しているのは、兵庫県加東市にあるカスタムショップ・カスタムプリウス専門店さんで、エイムゲインのフルエアロキットに加え、レクサスのスピンドルグリル(非F SPORT)へと移植された改造モデルとなっていますね。

フロントフェイスや足元の19インチ大口径アルミホイール、LEDテールライト、イカリングヘッドライト加工、ドアミラーウィンカー等、細かい点においても改造が施されていますが、それでも総支払額が1,500万円を超えるというのはちょっとやり過ぎですね(単純にケタの間違いだと思いますが…)。

リヤデザインも結構なカスタムが施されていますね。
スリット溝が深めのリヤディフューザーに加えて、両サイド1本だしに見せかけたダミーマフラもインストールしています。

インテリアは物凄くシンプルですね。っというか、全く改造が施されていないドノーマル仕様だと思われます。

☆★☆「今日のプリウス」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう