また不具合が起きた…自身が購入したダイハツのフルモデルチェンジ版・新型「タント・カスタム」のエンジンが始動しないという問題が再び発生→現在ディーラにて調査中

2020-05-27

~この問題が継続的に続くようであればちょっとメーカ側も対策が必要に?~

以前、当ブログでもご紹介したダイハツのフルモデルチェンジ版・新型「タント/タント・カスタム」のエンジンが始動しないという不具合について。

私の母親用に購入していた新型「タント・カスタム」なのですが、実はこのモデルが以前よりエンジン始動しないという問題に悩まされ(実際にトラブルを受けていたのは私ではなく母親)、「これはさすがにおかしい」ということで最寄りのダイハツ・ディーラにて診ていただいたところ、「エンジンのコンピュータ関連を再設定させていただいた」という情報以外は何も教えてもらずだったのですが、この問題について自動車情報誌マガジンXさんが既に調査を行っており、以下のような不具合であったことを報告されています(以下の文はダイハツ広報の回答)。

当社は、品質向上活動の一環として、市場からお客様の声を収集しており、日々の品質改善活動に有効活用しています。今回ご指摘の新型タントで一時的にエンジンが始動しなくなる不具合についても、すでに市場から情報を入手しており、生産者の改善のみならず、お客様からのお申し出にタイムリーに対応できるよう改善プログラムを用意しています。お申し出に基づき、当社の故障診断機を用いてプログラムの書き換えが可能ですが、その過程において、ご心配のスマートアシストのカメラ調整等の作業は必要ありません。

不具合の原因は、エンジン始動時に特定のタイミングで偶発的に電気的ノイズが重なった場合、イモビライザーの通信が停止してしまい、一時的に始動できなくなるというものです。

現在のところ、不具合の発生が極めて限定的であることから、市場措置を注視しています。

via:マガジンX

~コンピュータ修正後もエンジン始動の不具合は解消できていなかった?!~

なお、こうした問題は新型「タント/タント・カスタム」の一部にて発生している問題だそうですが、既に当ブログでも新型「タント」のオーナー様から「同様の問題が発生している」との報告を多数頂いており、被害の範囲は結構広いのだと確認。

とりあえず私が購入した新型「タント・カスタム」も、一度はディーラにて診ていただき、コンピュータ関連の修正で無償対応いただき、しばらく母親には乗ってもらっていたのですが、最近になってまたエンジンが始動しないという不具合が4度ほど発生したとのこと。

前回同様、ガソリンの残量や室内灯、ヘッドライトが点灯しっ放しといった問題は無かったので、こちら側の問題ではないと考えて再度ダイハツ・ディーラに診ていただくことに。
約30分程チェックしていただいたところ、特に電装系やエンジンには問題が無いとのことで、エンジンプログラムについても特に何も異常は無いとのことでした。

ただ、担当メカニックも結構モヤモヤはしているそうで、とりあえず1~2日ほど預からせて欲しいということで、特別に代車を提供いただく状態に。
母親も大分不安に思っていたようですが、とりあえず今は不安を解消するためにも細かいチェックを進めてもらっている段階なので、何か新たな情報が入りましたら当ブログでも定期的に報告していきたいと思います。

☆★☆新型「タント」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう