流石に高すぎる…スズキ公認の新型「ジムニー・シエラ」ベースとなるピックアップトラック(ジムトラ)が早くも中古車市場に登場。その価格は約373万円から

2020-05-27

~おそらくはスズキディーラーがデモカー用として見込み発注したモデルだと予想~

先日ニュージーランドのスズキ・ディーラーが、新型「ジムニー・シエラ(Suzuki Jimny Sierra)」をベースにしたピックアップトラックのコンバージョンパッケージを装着した「ジムニー・ユート(Jimny UTE)」を正式に発売したことを明らかにしましたが、先日公開されたばかりとなるピュアパールホワイト仕様の個体が中古車市場にて販売されています。

今回このモデルを販売しているのは、ニュージーランドの中古車サイトAutoTrader.co.nzで、走行距離などは記載されていないものの2020年初めごろに納車後、すぐにコンバージョンパッケージを設定したものと思われます。


~但し価格は決して安くなく、グレードの高い乗用車が購入できるレベル~

なお、グレードについてはエントリーグレードのJXと呼ばれるものが設定され、トランスミッションは5速MT、コンバージョンパッケージ以外のオプションは特にこれといった目立った設定はされていないシンプルな一台となりますが、何と価格帯は約373万円とかなり高額に。

日本仕様の「ジムニー・シエラ(JC)」でも、車両本体価格は205.7万円からとなるため、諸費用などを追加しても250万~270万円ぐらいでも十分高い部類に入りますね。
なお、コンバージョンキットは約70万円もの追加費用が発生しますし、車両本体+関税費用などを加味するとここまで大きく跳ね上がるのは致し方ないのかもしれません。

~それでもピックアップトラックの需要はかなり高い~

以前もこのモデルについては何度かご紹介しましたが、ニュージーランド市場では農業などでトラックが多く活用されていることから、こうしたピックアップトラック専用キットの需要も高いと言われているので、むしろこうした新型”ジムトラ”2019年頃から登場したのはちょっと遅いほうなのかもしれません。

改めてインテリアも見ていきましょう。
シートは撥水性のファブリックシートを採用し、ライトグレーとブラックの2トーンを採用。
道具感満載のインテリアと、レトロ感漂う手引き式のハンドブレーキ、そしてエンジンスタートスイッチではなく、イグニッション式というのも味があって良いですね。

エアコン関係は昔ながらのマニュアル式で、こういったゴツゴツした感じがジムニーファンも好むデザインなのかもしれません。

こちらは5速MTのシフトノブ。
スティックの長さといい、ウレタン式のグリップといい、全てにおいてなつかしさが感じられるデザイン。
中央でガチャガチャしながら農業をこなす姿がイメージできます。

中古車市場に登場して1週間以上が経過していますが、もう少し価格帯が安くなればすぐに売れる個体ではないかと思いますね。

☆★☆「ジムニー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:AutoTrader.co.nz

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう