何とカスタム費用含めて240万円超え!スズキ新型「ジムニー・シエラ」ベースのピックアップトラックがニュージーランドの正規ディーラーにて販売中

2020-05-27

~まさかコンセプトカーではなくラインナップモデルになっていたとは…~

先日、ニュージーランドのスズキディーラが、乗用車モデルとなる新型「ジムニー・シエラ(Suzuki Jimny Sierra)」をベースに、軽トラ(厳密にはピックアップトラック)仕様に改造したド変態モデルを”公式にて”公開したことをお伝えしましたが、このモデルの詳細となる情報が追加され、カスタム費用を含めて車両本体価格も明らかになりました。

ニュージーランドにて発表された今回の「ジムニー・シエラトラック」ですが、Bピラーよりも後部のところは完全にブッた切った状態で、更には後席も排除してトラック用の荷室スペースを設けるというダイナミックな改造となっています。

足元のブラックペイント処理されたスチールホイールやハロゲン式のフロントヘッドライトを見る限りではエントリーモデルだと思われますが、もちろんLEDヘッドライトやアルミホイールを装着した上位グレードもカスタムの対象になっているとのこと。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~まだまだ課題の残るカスタムモデルではあるものの、コアなファンからの支持は高そう~

サイドのスタイリングはこんな感じ。
リヤの荷室部分に関しては「ジムニー・シエラ」と同色ではないため、ちょっと不格好に見えるのが残念なところ。
もちろん、「ジムニー・シエラ」にはホワイト系のボディカラーもラインナップされているので、荷室部分と同色に近いようにすることは可能。

▽▼▽関連記事▽▼▽

リヤデザインはこんな感じ。
真後ろから見たら完全にトラック仕様だと思いますが、リヤテールランプはそのまま「ジムニー・シエラ」のユニットを上手く移植しているところは流石の一言。
軽トラよりも実用性はかなり高そうですし、引っ越しの際には大量の荷物を載せることもできて頻繁的に活用できるかもしれませんね。

インテリアはこんな感じ。フロントは従来モデルと特に変わらずで、道具感満載であることは確か。
ニュージーランドといえど、右ハンドル仕様なので日本に逆輸入しても”海外仕様”であることはわからなそうですね。

そしてこちらが運転席と助手席。
後ろのパーティションのおかげで、シートを倒すことができない窮屈さはトラックならではだと思います。
車中泊や仮眠をとるのはかなり難しいと思いますし、近場の移動用であれば問題なく活用できそう。

シート材質はもちろん撥水性のファブリックを採用。
田んぼ作業でもこういったモデルは活用できると思いますし、防汚対策もある程度施されているので、若者からお年寄りも幅広く愛されそうな一台に仕上がっています。

~気になるその価格帯とカスタム費用は?~

こちらはオーディオ関係。
ナビゲーションディスプレイではなく、敢えてラジオ・オーディオにしてくる辺りも、軽トラっぽい雰囲気を更に強めていて好印象。
もちろん実用性も高めるためにBluetoothも標準装備となっています。

パワートレインについては、排気量1.5L 直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力100hp/最大トルク138Nmを発揮。
気になる価格帯についてですが、素の「ジムニー・シエラ」の価格帯が約168万円からとなり、ピックアップトラック仕様のカスタム費用が約78万円からとなっています。
したがって、カスタム含めて車両本体価格は約246万円からとなるため、オプション等も含めたら260万円~280万円ほどになるのではないかと思われます。

☆★☆「ジムニー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう