破壊王?リチャード・ハモンド氏がマクラーレン「720S」の給油口に大量の水を注入して破壊【動画有】

以前、スイスの番組「The Grand Tour」にて、ジェレミー・クラークソン氏やジェームズ・メイヤー氏と共演していたリチャード・ハモンド氏が運転する、クロアチアのEVスーパーカー・リマック「コンセプト・ワン」がクラッシュするという事故が発生。
この事故により、リチャード・ハモンド氏は膝を骨折する事態となり、車体は完全に炎上してしまい廃車にしてしまう程となりましたが、今回はマクラーレンのスーパーシリーズ「720S」の給油口に大量の水を投入するというとんでもない行動に。

スポンサーリンク

なぜ、彼が「720S」に大量の水を投入したのかというと、これは意図的な行為ではなく、どうやらサーキット場にて走行中に燃料が底を尽きそうになったため、近くに置かれていた大型の燃料タンクと思わしき個体を(中身も確認せずに)そのまま給油口に投入してしまったことが原因だったと言われています。
リチャード・ハモンド氏は、完全にガソリンを投入しているものと勘違いしてしまい、タンクに入っていた全ての水を投入し、そのままエンジンをかけようとしたところ、エンジンから煙が噴き上げてブローしてしまうというとんでもない事態に。

以前のリマック「コンセプト・ワン」に引き続き、マクラーレンの最新モデルまで破壊するという、まさしく「破壊王」のリチャード・ハモンド氏。
彼は、2006年にも命を落としかける程のバースト事故を起こしており、更には2017年3月にもバイクでの転倒事故があったりと、とにかく不幸続き。
年始早々にぶっ飛んだ行動を起こす彼ですが、コンプライアンスが厳しくなる昨今、よくこれで番組が継続できているなぁと不思議に思うばかりですね。

Reference:CARSCOOPS

関連記事:リマック「コンセプト・ワン」がクラッシュ。ドライバのリチャード・ハモンド氏は軽傷レベル【動画有】


スイスの番組となる「The Grand Tour」にて、ジェレミー・クラークソン氏やジェームズ・メイヤー氏と共演していたリチャード・ハモンド氏が運転する、クロアチアのEVスーパーカー・リマック「コンセプト・ワン」がクラッシュするという事故が発生。

この事故により、膝を骨折する事態となりましたが、車体が完全に炎上する前に車内から脱出したおかげで、大事には至らなかったとのこと。
なお、事故が発生した原因は不明で現在調査中とのことですが、共に出演していたジェレミー・クラークソン氏は、「これまで見たことの無い事故だったが、リチャードが無事で良かった」とコメント。


ちなみに、リチャード氏は2006年にも命を落としかける程のバースト事故を起こしており、更には今年の3月にもバイクでの転倒事故があったりと、とにかく不幸続き。
今回の事故は一番マシな部類に入りしますが、次の撮影でもまた何かしらの事故が発生しそうで不安になりますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう