「ホンダe」の2ドアスポーツクーペ版?ホンダが新たなEVスポーツカーの特許画像を公開、レトロさレーシーなデザインを持ち合わせるコンセプトモデル?

~ホンダがまた新たなEVモデルを発表しそうだ~

ホンダは先日、フルエレクトリックモデルとなる新型「ホンダe(Honda e)」に関する詳細スペックを明らかにしたばかりですが、今度は同車とは異なる新たなボディスタイルを持つEVモデルの特許画像を公開しています。

自動車ニュースサイト・オートウィークの情報によると、今回特許庁より公開された画像は、2ドアスポーツEVクーペをイメージさせるもので、「ホンダe」のデザイン言語を流用するホンダの次世代モデルになると考えられます。

スポンサーリンク

~デザインベースは「ホンダe」~

フロントエンドを見ていくと、フロントヘッドライトのデザインは「ホンダe」のような丸目がベースとなっていて、しかしコンセプトモデルとして登場した「アーバンEV」の要素も取り込まれたユニークなデザインに。

リヤデザインも、これまた「ホンダe」を彷彿させるようなリヤテールランプを採用していることから、ホンダのフルエレクトリックモデルのデザイン言語は今後このような形に採用してくるのかもしれません。

サイドからみてみるとこんな感じ。
いかにもスポーティな2ドアスポーツクーペで、フロントフードはそこまで長くなく、しかしリヤデッキが少々長く感じることからリヤミドシップ風にも(バッテリパックは車体の下部に搭載)。
こんもりとしたホイールアーチも非常に印象的ですが、ブレーキディスクもどれだけのサイズになるか非常に気になるところ。

真上から見てみるとこんな感じ。
恐ろしいぐらいに綺麗に長方形。
恐らく市販車ではここまで綺麗な形状になることはないと思いますが、ちょっとレーシングモデルをイメージした部分もあるかもしれません。

デザインベースは、恐らく「スポーツEVコンセプト/アーバンEVコンセプト/Tomoコンセプト」といったレトロなラウンドヘッドライトやテールライト、そしてホワイトボディパネルとマットブラックパーツを主とした個性的なものだと思いますが、このモデルが市販化前提で登場してくるのか、それともコンセプトモデル止まりで登場するのか、どのような目的で登場してくるのかが非常に気になるところですね。

☆★☆ホンダ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう