ゴリゴリ感が半端ない!日本の過激チューナRowenがトヨタ新型「アルファード」に続いて新型「RAV4」の過激カスタムモデルも発表!東京オートサロン2020でも大暴れだ【動画有】

~2020年もローウェンのカスタム進化は加速するようだ~

日本の過激チューナでお馴染みローウェン・インターナショナル(Rowen International)は先日、トヨタ新型フラッグシップミニバン「アルファード(Toyota ALPHARD)」の過激カスタムを公開し、1月10日~12日まで開催の東京オートサロン2020でも出展されることが明らかとなりましたが、これに引き続いて同社新型オフロードSUV「RAV4」の過激カスタムモデルも出展が明らかとなりました。

今回ローウェンより公開される過激カスタムモデルは、いわばカスタムカードレスアップのベースになっているとのことで、カジュアルなスタイリングとデザイン性を持つ新型「RAV4」に更なる進化を与えることに加えて”やり過ぎない”ワイドボディキットを開発したとのこと。

スポンサーリンク

~ここまで来ると”やり過ぎない”の定義すらもわからなくなるほどの過激さ~

早速そのカスタムモデルを見ていくと、フロントにはリップスポイラーが装着されることでワイド&ローを強調していますが、デザインテイストは過去に発表された「C-HR」専用ボディキットを踏襲しているそうです。

サイドビューはこんな感じ。
オフロードSUVとは思えぬほどにガッツリと落とし込まれた車高。
ゴリゴリのCセグメントハッチバック?っぽくも見えますが、ここにブロンスカラー仕上げの大口径アルミホイールを装着する姿も中々にクールですね。

こちらがリヤプロファイル。
サイドステップはリヤ側のみのスパッツタイプを採用。
フロント同様にリヤも無加工とのことで、ポン付け可能なリヤディフューザーが装備されることでスポーティな印象を強め、更にはローウェン製エキゾーストシステムもインストール。
よ~く見てみるとルーフスポイラーも装着され、より一層レーシーな印象を与えるデザインに仕上がっています。

~東京オートサロンでは様々な「RAV4」のカスタムモデルが登場するかも?~

東京オートサロン2020では、カスタムカーに華を咲かせるお上品なコンパニオンとのコラボショットも見れることでしょう。

こちらもまたカスタム内容が若干異なる「RAV4」。
フロントバンパーがブラックアクセントになっていたり、足元のアルミホイールがシンプルな切削光輝仕様のアルミホイールになっていたり…。

リヤから見る佇まいもどっしりとしていて、風格ある大人な一台となっています。

【TOYOTA RAV4 Exhaust Sound by ROWEN EXHAUST】

☆★☆Rowen関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Rowen

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう