フルモデルチェンジ版・メルセデスベンツ新型Cクラス(W206型)が2021年2月23日の午後10時にデビュー!ステーションワゴンも同時公開か?

新型Cクラス(W206型)デビューまであと少し!

日本時間となる2021年2月23日午後10時より、メルセデスベンツのフルモデルチェンジ版・新型Cクラス(Mercedes-Benz New C-Class, W206)がデジタルワールドプミレアされますが、新型Cクラスセダンだけでなくワゴンも同時公開される予定となっています。

既にティーザー画像もドロップされていて、4ドアセダンとステーションワゴンの同時デビューを意味する形での公開となりそうですが、いずれも同じMRAプラットフォームを採用しつつ、パワートレインや内装も共有されるものの、実用性などを大幅に向上させているのがステーションワゴンタイプになりそうです。


ステーションワゴンタイプはタフ仕様のオールテレーンモデル?

こちらが今回公開されている新型Cクラス・セダン/ワゴンのティーザー画像。

画像の通り手前が4ドアセダンタイプで、その奥にいるのがステーションワゴンとなりますが、全長はほぼほぼ同じになると思われるものの、全高や後席、トランクスペースはステーションワゴンの方が実用性・快適性は高そうである一方、思いのほかワゴンの全高が高いのも気になるところ(厳密には全長やホイールベースも延伸されてそう)。

もしかすると、以前より度々スパイショットされていたオールテレーン版を示唆している可能性が高そうですが、そうなるとフロント・リヤバンパーに素地ブラックのパーツを追加するなど、デザイン面でセダンと差別化を図ってくるかもしれません。

ワゴン版の開発車両は何度かスパイショットされている

こちらが以前より度々スパイショットされている新型Cクラス・ワゴンの開発車両。

トップルーフはリヤハッチにかけて下っていくようなファストバック風で、アクティブ感を演出するルーフレールを装着。

フロント・リヤフェンダーには素地ブラックのモールは設けられていないものの、リヤロアバンパーにはオフロード感を演出するブラックに変更されていますね。

パワートレインについては、直列6気筒エンジン用のベイが確保されていないとの情報も有り、排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンに限定され、更にはハイブリッドシステムを組み合わせることでシステム総出力を直6モデル並みに引き上げる一方、AMG C63モデルに関しても同じ4気筒ハイブリッドを搭載することで、システム総出力500hpを発揮するとの噂もあるようです。

過去に完全リークされた新型Cクラス・セダンの内外装デザインもおさらい!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう