ポルシェ911GT2RS/GT3RSに続け!アグレッシブな外観と圧倒的なパフォーマンスを持つ新型718ケイマンGT4に”MR(マンタイレーシング)”を追加

ポルシェ911シリーズ以外にもMRの名を引き継ぐようだ

ポルシェの最上級ハードコアモデル911GT2RS/911GT3RSをベースに、更なるカスタムとチューニングを施したMR(Manthey Racing)が非常に有名ですが、遂に718ケイマンGT4(Porsche 718 Cayman GT4)にも”MR”を名を用いたハイパフォーマンスモデルが登場します。

このMRは、ドイツのレーシングチーム「マンタイレーシング」とポルシェの共同開発によって誕生したカスタムグレードで、過去に発表された911GT2RS MRは、ドイツ・ニュルブルクリンク・のルドシェライフェにおいて量産車最速記録を更新するなど、その技術力の高さは本物。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そんな過激なパフォーマンスを発揮するマンタイレーシングが、まさか718ケイマンGT MRという形で共同開発を進めていたのは驚きでした。

早速どういったエクステリアデザインにまとめているのかチェックしていきましょう。


一目でわかる「普通のケイマンGT4ではない」

こちらが今回世界初公開された718ケイマンGT4 MR。

見た目からしてとてつもないパワーを発揮してくれそうですが、モータースポーツの知見と技術が盛り込まれ、サーキットでのパフォーマンスを大幅に向上させるアップグレードパーツが複数採用されています。

具体的には、コイルオーバーサスペンションとスチールフレックスラインがセットされたアップグレード型ブレーキパッドが採用され、718ケイマンGT4本来の限界コーナリングはもちろん、メリハリを付けた走りでトータルバランスを大幅に向上させているとのこと。

あとは一目で718ケイマンGT4 MRとわかるよう、ドアサイドパネルには”GT4 MR”の巨大デカールを貼付。

あとはエアインテーク用のプロテクショングリルセットやエアデフレクター、ガーニー、ウィングブラケット、ゴールドで仕上げられたYスポークホイールを備えるなど、見た目で従来の718ケイマンGT4とは大きく異なることをアピール。

エンジンスペックについては公表されておらず…しかしとんでもないスペックを持ちそうだ

なおパワートレインについては、何も公表されていないものの、従来搭載される排気量4.0L 水平対向6気筒自然吸気エンジンはそのままに、最高出力420ps以上/最大トルク420Nm以上を発揮することは確実とのこと。

また直線性のパフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が4.4秒、最高時速は304km/hにまで到達するとのことで、MRの名を受け継ぐモデルともなると最高出力450ps~500psを発揮する可能性があり、最高時速も304km/h→310km/hにまでアップする?との噂もあるそうです。

おそらく近日中に詳細なスペックが明らかになるであろう新型718ケイマンGT4 MRですが、具体的な価格帯が気になることはもちろん、ニュルブルクリンクでのラップタイムもどれだけ速く更新できるかも期待したいところです。

☆★☆ポルシェ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう