レーシーで過激な外観を持つポルシェ718ケイマンGT4 RSの開発車両がニュルに登場。アーチを描く独特の巨大リヤウィングは新デザイン?

最後に目撃したのは雪道での過酷テスト以来かも?

ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにて、ポルシェのハードコアスポーツモデル新型718ケイマンGT4 RS(Porsche 718 Cayman GT4 RS)と思われる開発車両が目撃されています。

過去にも雪道にて目撃されていた718ケイマンGT4 RSですが、改めて見てみると大口化したフロントインテークやコンパクトなダクトフードは、かなりアグレッシブでレーシーな雰囲気を持っていて、一部カモフラージュされている部分はブレーキ冷却用の入り口なのではないかと思われます。

そして、フロント・リヤフェンダーの張り出しも通常の718ケイマンなどに比べて大きく張り出しているように見え(ちょっとリベットっぽいものも見える?)、恐らくボディサイズもワイド&ローを際立たせる専用ボディを採用しているのではないかと思います。

過激な足回りや個性的なリヤデザインは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう