スズキ新型ワゴンRスマイルが遂に2021年8月27日発表/発売は9月10日!スズキのデザイン言語を決定づけるスペーシア顔、LEDデイライトは新型フェアレディZと同じだった件【動画有】

ダイハツ・ムーヴシリーズに勝つためにも、ワゴンRのセオリーをぶち壊して人気スタイルで新規顧客を獲得するようだ

以前より度々リークされていたスズキの新型ワゴンRスマイル(Suzuki New Wagon R Smile)ですが、遂に2021年8月27日に発表/同年9月10日に発売されます。

既にスズキの公式プレスリリース並びに公式ホームページでも公開されている新型ワゴンRスマイルですが、これまでのワゴンRのイメージを完全払しょくし、更に後席スライドドアを採用することで車内へのアクセスはもちろんのこと、荷物の積載性を大幅に向上させています。

こうした後席スライドドアを採用するモデルは、昨今の軽自動車では圧倒的人気で、新車販売ランキングでもホンダN-BOX/ダイハツ・タント/スズキ・スペーシアが常に上位を独占しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

競合モデルは、恐らく同じボディスタイルで後席スライドドアを採用するダイハツ・ムーヴキャンバス(Daihatsu Move Canbus)だと思われますが、新車販売ランキングにおいて、ダイハツはムーヴシリーズ(ムーヴ/ムーヴキャンバス)の合算で販売台数を伸ばすスタイルで攻めているため、後発モデルながらもワゴンRシリーズ(ワゴンR/ワゴンRスマイル)も合算で猛追する計画だと予想されます。


スズキはある意味独自のデザイン言語を確立したといえる

早速新型ワゴンRスマイルを見ていきましょう。

これまでのスパイショットやリーク画像でも細かく説明してきたので省略しますが、やはりパッと見はワゴンRシリーズではなく、スペーシアギア(Spacia Gear)に非常に似ていて、しかしスズキとしては、こうした丸目タイプ&水平基調のドット柄グリルをベースとしたデザイン言語をメインに今後の新型車でも積極的に流用していくのではないかと推測。

こうした丸目を採用しているモデルとしては、スペーシアギアだけでなく、ハスラー(Hustler)/クロスビー(X-Bee)/ジムニー(Jimny)/ジムニーシエラ(Jimny Sierra)/アルト・ラパン(Alto Lapin)が存在し、何れも人気を得ているモデルですから、その流れを汲んでいる可能性も高そうです。

リヤビューはマイルドさキープするために角をとったスクエア型テールランプ。

ボディスタイルもボックスタイプでコンパクトですが、そこまで背高い印象ではなく、スペーシアギア/ハスラーに比べてよりコンパクトに見えるところもユニーク。

なお参考までに、ボディサイズとしては全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,695mm、ホイールベース2,460mm、最低地上高は150mmとなっています。

内装は女性が好みそうなオシャレデザイン

車内は非常にシンプルながらもオシャレなアイボリー系。

センターシフト周りの特別感はあまりないものの、9インチのワイドディスプレイが装備され、スズキのラインナップモデルでは先進的で完成度も中々に高そうです。

グレード別でのエクステリアの違いを見ていこう

そしてここからはグレード別による主要装備の一部をチェック。

上の画像は上位グレードHYBRID Xのフロントマスクになりますが、ライト関係はLED&メッキヘッドランプガーニッシュ、LEDポジションランプ、LEDフロントフォグランプ&メッキフォグランプベゼルが標準装備。

そしてLEDポジションランプは、前回のブログでもお伝えした通り日産の新型フェアレディZのような”こ”の字型を採用しています。

こちらは中間グレードHYBRID SとエントリーグレードGのフロントマスク。

フロントフォグランプは装備されず、ヘッドライトはハロゲンタイプ(メーカーオプションでLEDの設定が無いのは残念)。

上級グレードとの差別化を図る意味でも、ハロゲンヘッドライトは頑なで「どうしてもLEDを選びたいのであればHYBRID Xを選択してほしい」というスズキからの誘いメッセージも込められています。

新型ワゴンRスマイルのボディカラーや内装カラー、グレード別価格帯、メーカーオプション内容は?そして新型ワゴンRスマイルのテレビTVに登場する芸能人は?以下の次のページにてチェック!