レクサスのマイナーチェンジ版「CT200h」の簡易カタログを入手。その内容を公開

2020-05-26

本日、レクサス宝塚さんにてマイナーチェンジモデルの「CT200h」の簡易カタログを入手。
以前にも公開しましたが、全体的なスタイリングの変更は無いものの、フロントエンドのデザインや内装の質感向上等が見られ、更には安全機能の標準化も図られており、かなり魅力ある一台となっています。

今回は、そんなマイナーチェンジモデル「CT200h」の簡易カタログの中身を公開していきたいと思います。


今回、マイナーチェンジされる「CT200h」の大きな変化としては、ヘッドライトの形状とスピンドルグリルが主かと思われます。
これまで、”F SPORT”という専用グレードのみに適用されていたメッシュ(網目)タイプのスピンドルグリルが、”ベースグレード”、”Version C”、”Version L”にも適用されるため、レクサスのスポーティさを全てのグレードにて体感できるというのは非常に贅沢で羨ましいところ。
「価格帯はある程度抑えたいけど、でもメッシュグリルは捨てがたい」と思っていたユーザにとっては、かなりの朗報とも言えそうですね。

ヘッドライトにおいては、これまでレクサスには無かった”上部へのアローヘッド型クリアランスランプ”の採用により、精悍さが向上。
しかも、L型ポジションライトは、現行レクサスのラインナップでは「CT」「HS」のみ適用されていなかったため、L型ポジションライトに憧れていたユーザも少なくないはず。

個人的に注目している”F SPORT”モデルですが、フロントスピンドルグリルのメッシュ化はもちろんのこと、スピンドルグリル周りのメッキが新たな”漆黒メッキモール”という名称にて光沢あるグレーのような仕上がりとなっています。

フロントフォグランプとリヤバンパーに関しても、他グレードとは異なり、メッシュ&ブラックパーツにより、メリハリ且つスポーティさを向上しています。


ちなみに、F SPORTとそれ以外のグレードでは、メッシュのデザインが異なるというのも面白いところ(F SPORTはこれまで通りのデザイン)。

内装においては、バイカラーをメインとしデザインが採用されており、インテリアの選択幅の向上と、ラグジュアリーさに加えてバリエーションの豊富さもアピールしているようにも思えますね。

ちなみに、インテリアカラーのラインナップは以下の通り

【ベースグレード/Version C(シート材質:ファブリック)】
○シャトー
○ブラック
○ダークキャメル/ノーブルブラウン

【Version C(シート材質:ファブリック/L tex(合成皮革))】
○シャトー/フロマージュ
○ブラック
○ダークキャメル/ノーブルブラウン

【F SPORT(シート材質:ファブリック)】
○シャトー/ブラック
○ブラック
○ブラック/レッド

【F SPORT(シート材質:本革)】
○ホワイト/ブラック
○シャトー/ブラック
○ブラック
○フレアレッド/ブラック

【Version L(シート材質:本革】
○シャトー/フロマージュ
○ブラック
○オーカー/ライトオーカー
○サンフレアブラウン/ノーブルブラウン

ボディカラーは、これまでと変わらずではありますが、”F SPORT”グレードに関しては、新たに”ラヴァオレンジクリスタルシャイン”と”ヒートブルーコントラストレイヤリング”が追加されていますね。

もちろん、「CT200h F SPORT」では、メーカオプションにてペインティングによるブラックルーフ化も可能。
カラーバリエーションとしては、ブラックルーフ分も含めるとレクサスのラインナップの中では一番多いのではないでしょうか。

なお、インテリア・ナビにおいては、7インチから10.3インチのワイドディスプレイとなり、メニューと地図を同時に表示することが可能となり、見やすさが向上。
安全機能については、”Lexus Safety System+”の標準化により、「プリクラッシュセーフティシステム」「レーンディパーチャーアラート」「オートマチックハイビーム」「レーダークルーズコントロール」が標準装備となっています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう