フェラーリ「458スペチアーレ」等のモデルがハリケーン”ハービー”により水没【動画有】

2020-11-14

8月26日に突如としてアメリカ南部のメキシコ湾岸に接近し、カテゴリー4にて勢力を大幅に強めていったハリケーン”ハービー”。

この自然現象により、数多くの方々が被害を受けましたが、その被害の壮絶さ、そしてその中で水害を受けたスーパーカー達を撮影した動画が大きな話題となっています。


本動画では、自宅周りを撮影しており、ガレージも併せて大きな水害を受けたことが確認できますが、その中で登場しているスーパーカーが何とも珍しいホワイトカラーのフェラーリ「458スペチアーレ」。

その他にも「488GTB」やメルセデスベンツ「G63」や「CLA」等も水没するという大きな被害を受けてしまい、撮影者は価値あるスーパーカーから「完全な鉄の塊と化してしまった」と悔やんでいる模様。

皮肉にも、今回のハリケーン”ハービー”により発生した自然災害の事故レベルは、ドイツのハリケーン”カトリーナ”よりも圧倒的に低いものであったことから、適用される保険額は低いとのことで、もしかすると、今回の動画にて登場しているフェラーリ2台とメルセデスベンツ(AMG)2台は保険が適用されない恐れもあり、そうなるともうどうしようもなくなるわけですね(正直、こんなことを言っていられる場合でもない)。

なお、今回のハリケーン”ハービー”は、風速にして約60m/sというとんでもない記録を持ち、これによってテキサス州やルイジアナ州では上陸前から住民が避難していたものの、この勢力はあまりにも強大で、降水量は4,5日で約1,000mm、そして3.7mを程度の高潮も発生したことから氾濫を起こし、州は洪水に見舞われています。

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう