RENNtechがメルセデスベンツ「G500 4×4²」をカスタム。500馬力超えのハイパワーオフロード

2020-05-26

BMWやアウディ、メルセデスベンツの欧州モデルをメインに手掛けるチューナ・RENNtechが、メルセデスベンツのSUVオフロードモデル「G500 4×4²」をカスタム。
基本的にはエンジンチューニングがメインとなりますが、「G500」のベースとなる排気量4.0L V型8気筒ターボチャージャーを搭載し、最高出力425ps、最大トルク610NmとなるスペックをECUセットアップによりチューンアップ。


RENNtech曰く、シンプルなチューンアップを行っただけとのことですが、最高出力425ps→520ps、最大トルク610Nm→784NmへとオフローダSUVとしてはかなり過激で、更にはBOVアダプタとダウンパイプの組合わせによってパワーアップ。

なお、RENNtechは過去にもメルセデスベンツAMG「S65/S63」といったラグジュアリースポーツモデルのカスタムも実施済みですが、このときもシンプルなECUセットアップのみで最高出力630ps、最大トルク1,001Nmの過激なチューンナップを行っており、海外からの問い合わせが非常に多かったとのことで、今回の「G500シリーズ」のシンプルチューンナップも、数多くのファンからの要望により実現したカスタムチューンであるとのこと。

Reference:Zero 2 Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう