レズバニが地球上最もタフなSUVモデル「タンク」を発表。500馬力超え、防弾ガラスを装備

2020-05-27

アメリカの新興メーカ・レズバニが、地球上で最もタフなモデルと言われるSUV「タンク」を発表。
この個体は、オフロードとオンロードにて使用できる極端な実用モデルとのことで、そのあまりにも戦闘力の高そうなステルス戦闘機風のデザインと角々しいスタイリング、そして軍事的な小さ目のウィンドウ、補助等、トラクション等、全てにおいて一般的なデザインからはかけ離れた仕様となっていますね。


リヤデザインを確認してみると、余りにも非日常的過ぎるスタイリングはまさに戦闘機風。
ボディも相当に頑丈とは思いますが、それ以上に驚きなのが、オプションにてナイトビジョンカメラやライフル弾防弾ガラス等も選択可能とのことで、実用性以上の機能が盛り込まれていますね(もはや車ではない)。

ちなみに、ドア開閉は観音開き式となっており、Bピラーはストレート。

内装は意外にもシンプルな5人乗りのレイアウトに本革シート、ダッシュボードの中央にはインフォテイメントシステム、そしてシングルゾーンの温度コントロールボタンも配置されています。

パワートレインは、排気量6.4L V型8気筒エンジンを搭載し、最高出力500psを発揮。駆動方式は4輪駆動のみ。
なお、新車販売価格は約2,000万円となっており、年内の納車も可能であるとのことです。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう