マクラーレン「720S」にLT版が登場したら?というレンダリングが公開に

2020-05-27

スポンサーリンク

マクラーレンのスーパーシリーズ「650S」の後継モデルとして登場した「720S」。
同車より新たなエンジンとなる排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力720psを発揮。その加速力と走行性能は、他のスーパーカーを圧倒するほどのスペックを有しているわけですが、今回そのモデルのロングテール(ハードコアモデル)版となる「720LT(仮)」が登場したら?というレンダリングが公開に。

スポンサーリンク

今回、「720LT」のレンダリングを担当したのは、デジタルアーティストのEvren Milano氏で、「720S」の基本デザインに加えて、「F1 GTR Longtail」や「675LT」からインスピレーションを得たトラックフォーカスモデルとしてデザインされています。

フロントデザインを確認していくと、フロントヘッドライトとダクトを一つのハウジングにまとめた独創的なデザインはそのままであるも、若干目つきが緩く(ヘッドライトの傾きが寝かせ気味に?)なっているようにも見え、ロアバンパーには空力性能を高めるためにフロントスプリッターが装備されています。

サイドのデザインについては、オーバーホールしたサイドスカートに加えて、サイドドアのプレスラインも通常の「720S」に比べてシンプルに。
その他の変更点については、ルーフスクープの追加、シャークフィン、延長されたリヤエンド(ロングテール)により全長をロングにし、しかし、車体重量は「720S」よりも更に軽量化するモデルとして登場するのではないかと予想されていますが、どの程度まで進化した個体が登場するのかは現時点で不明であるも大きな期待は持てそうです。

【関連記事】
マクラーレン大阪さんにて新型モデル「720S」を見てきました。全てが斬新かつ先進的なスーパーカー
マクラーレン大阪さんにて新型モデル「720S」の大量アルバムをサクッと公開

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう