新しい未来を開拓するために。ランボルギーニとマサチューセッツ工科大学が提携を組むことに

2020-05-26

20161019_1_%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc%e3%83%8b

昨日10月18日、ランボルギーニは「ランボルギーニの将来の新たなスーパーカーを生み出すために、今後は研究開発プロジェクトを進めていく方針である」と示唆し、兼ねてより半年ほど前から計画していたマサチューセッツ工科大学との共同開発のため、提携を組むこととなりました。


ランボルギーニは、マサチューセッツ工科大学の技術革新や学生と教員の技術スキルに非常に関心を持っており、「いつか必ずこの大学と今までにない新たなスーパーカーを作る」と宣言してきました。

今回、その宣言通りマサチューセッツ工科大学と提携を組むことで、早くも技術やデザイン等の具体的な方向性や計画などを立てていくとのことです。

もし、マサチューセッツ工科大学の学生がランボルギーニに対して何かしら貢献したあかつきにはランボルギーニ社員として採用される可能性も十分に高くなることも考えられそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう