トヨタの次期モデル「ヤリス・セダン」は新名称に、その前にフロントデザインがアレに似てる?

2020-05-26

トヨタの次期コンパクト・セダンモデル「ヤリス・セダン」が新たな名称となって登場することが判明しました。
グレードとしては、「L/LE/XLE」の3種類から選択が可能となっていて、上位グレードになればなるほど、パワーサイドミラーやグリルのデザインが変更され、引き締まりのあるボディを表現。
更にはピアノブラックのアクセントやクロムトリムも設けられ、高級感がより一層アップ。
っというか、フロントエンドデザインが明らかにマツダ「デミオ」にそっくりなんですが、これは「デミオ」ベースのOEMモデルとなっています。


LEやXLEといった上位グレードにおいては、フォグランプやLEDターンシグナル付ヒートミラー、リップスポイラー、ダークガンメタル調の16インチアルミホイールを装着。
L/LE/XLEの全ラインナップには、トヨタ・セーフティ・システム、ロースピードでの衝突緩和技術、自動ブレーキシステムが標準装備されています。

パワートレインは、排気量1.5L 直列4気筒ガソリンエンジンを搭載することが予想され、最高出力110ps、最大トルク140Nmを発揮。トランスミッションは6速MT又は6速ATの何れかから選択が可能。
燃費としては、市街地にて13.6km/L、高速道路にて17km/Lとまずまずの性能を発揮します。

その他の機能においては、音声認識&リヤビューカメラを備えた7インチタッチスクリーンや6スピーカサウンドシステム、USB/Bluetooth/iPodコネクトシステムを標準装備。
グレード別の機能としては、全てのグレードではクルーズコントロールとプッシュボタンスタートを標準装備し、LEとXLEの上位グレードにはスマートなキーシステム、60/40分割リヤ・シート調整、ステアリング・ホイール・コントロールを標準装備します。

そして最上位グレードのXLEでは、自動LEDヘッドライトや照明付エントリー、本革製ステアリングホイール、パーキングブレーキ、オートマチック気温コントロール、自動フロントガラス用ワイパー、レインレットトリムフロントシートも標準装備。

なお、「ヤリス・セダン」は今秋に発売する予定で、販売価格は不明ながらも現行「ヤリスiA」(約179万円 MT仕様/約190万円 AT仕様)とほぼ変わらない価格設定になると予想されています。

【関連記事】
トヨタGazoo Racing仕様の新型「ヴィッツ/ヤリス」をジュネーブにて公開。最高出力は210馬力(2017/2/28投稿)
トヨタが欧州市場に「アイゴ・X-Citedエディション」を販売。価格は約190万円から(2017/6/28投稿)
トヨタが来月の東京モーターショー2017にて、スーパースポーツモデルを発表。レクサスのFモデル並み?(2017/8/28投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう