トヨタよりステーションワゴンタイプの「カローラ・ツーリングスポーツ」が登場。クラス最高の”リヤルームと足元”を提供

2020-05-26

快適性を備えた「カローラ・ツーリングスポーツ」が世界初公開

トヨタは、今年6月末に新型スポーツハッチバック「カローラ・スポーツ」を発売しましたが、今回は更に実用性と快適性を向上させたステーションワゴンタイプの「カローラ・ツーリングスポーツ」を世界初公開しました。

今回公開された「カローラ・ツーリングスポーツ」は、豊かな汎用性とインテリア空間を提供するために全長を引き伸ばしたもので、トヨタの新しいZaventem Design Centre(ベルギー)によって欧州市場向けに開発されました。
この個体は、来月10月より開催されるフランス・パリモーターショー2018にてワールドプレミアされます。


ハッチバックの「カローラ・スポーツ」と何が違うの?

「カローラ・ツーリングスポーツ」は、上記の通り全長をロング化することでルーフラインが長くなり、ホイールベースは2,640mm→2,700mmと+60mm延長されました。

トヨタ欧州によれば、今回のロングホイールベース化は”クラス最高のリヤルームとレッグルーム”を提供し、598Lのトランクルームを提供するとのこと。
サイズ感としては、大型クロスオーバーやSUVほどではないにしても、新型「カローラ」で快適なスペースを求めるユーザーにとっては、非常に需要の高いモデルではないかと思われます。

それ以外については、ハッチバックタイプの「カローラ・スポーツ」と同じところで、パワートレインも排気量1.2L 直列4気筒ターボエンジン(最高出力126hp)、排気量1.8L+電気モータ(システム総出力122hp)、そして排気量2.0L+電気モータ(システム総出力180hp)の3グレードがラインナップされます(排気量2.0Lハイブリッドはツーリング・スポーツから追加)。
足回りについては、マルチリンク・リヤ・サスペンションとアダプティブ・ヴァリアブル・セットアップにより、リヤへの負荷が有った場合でも安定したコンディションをキープできる機能を持ちます。

なお、今回のモデルではより引き締まった外観を得るために、ブラックルーフ&ピラーを採用する、4種類のツートンカラーが選択可能となっており、更には最新の車載コネクティビティ機能として世界初の3Dドライブメータやプレミアムヘッドアップディスプレイ、JBLグリーンエッジプレミアムサウンドシステム、スマートフォンのワイヤレス充電、タッチ充電式のマルチメディアシステムを採用しているとのことです。

☆★☆「カローラ」関連記事3選はコチラ!☆★☆

トヨタが「カローラ」を世界統一車名に変更。「オーリス」が欧州にて廃版へ(2018/8/31投稿)
トヨタ「カローラ・スポーツ」にツーリングワゴン?早くも開発車両をキャッチ、ワールドプレミアはパリモーターショーにて(2018/8/4投稿)
トヨタ・新型「カローラ・スポーツ」に試乗。見た目じゃなく、運転して”一目惚れする”スポーツハッチバックかも(2018/7/4投稿)
トヨタ・新型「カローラ・スポーツ」見積もりしてみた。グレードはハイブリッド上位のG”Z”、オプション多数で総支払は3,654,808円(2018/7/7投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう