メルセデスベンツ本社付近いて「CLEクラス」の開発車両を捕捉。リアのオーバーハングがかなり気になる。

2020-05-26

スポンサーリンク

20161120_1_cle

先日、メルセデスベンツの本社(ドイツ)付近にて、「CLEクラス・クーペ」と思わしき開発車両が捕捉されました。
車両形状より、4ドアクーペであることが確認できますが、まだまだカモフラージュが厚く、更にスタイリッシュな仕上がりになっていくと考えられます。

スポンサーリンク

開発車両の写真からはフロント、サイド、リアとそれぞれ確認することができますが、サイドから見る「CLEクラス」の図体としてはリアのオーバーハングがかなり長いように感じられ、スタイリッシュさに欠ける部分が見られますね。

20161120_2_cle

実際のところ、この状態からどのように変化していくかは不明ですが、フロントとリアの重量配分を考えると意外とこの形状をキープする可能性もありますね。

20161120_3_cle

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう