噂のポルシェ「718ケイマンT」の開発車両が早くも登場。リヤエキゾーストは「718ケイマンGT4」並みにアグレッシブに

2020-05-27

スポンサーリンク

早くも「718ケイマンT」の開発車両が登場

以前、ポルシェのミドシップフラット4エンジンモデルでお馴染みの「718シリーズ」に、軽量タイプの「718ケイマンT」が登場するとの噂が浮上している、という記事をご紹介しましたが、どうやらその噂は本当らしく、実際にその個体の開発車両がキャッチされています。

「718ケイマンT」は、より集中的なドライビング経験を提供する個体の一つとして、これを達成するためには、薄いガラスと軽いスポーツシートを使用することで車体重量の軽量化を行っていくと言われています(考え方は「911カレラT」と同じ?)。

スポンサーリンク

意外にも従来「ケイマン」に比べて異なるデザインも

実際に目撃されている開発車両をチェックしていくと、フロントエンドのエアインテーク周りやフロントスプリッターには、何やら外付けのブラックパーツのようなものが確認できますね。
足元のホイールはシングル5スポークのアルミホイールを装着し、足回りにはシンプルなスチール製のブレーキディスクとレッドカラーのブレーキキャリパをインストール。

サイドのスタイリングは特に変更は無いものの、ルーフをフラットにしない滑らかな流線形を描く2ドアクーペスタイルとなっています。
インテリアは確認できないものの、ステアリングホイールにはマルチメディアボタンが無く、ダッシュボード真ん中にあるであろうインフォテイメントシステムは省かれ、ファブリックドアハンドルも無くなる、かなりスパルタンな仕上がりになるとのこと。

リヤデザインは「718ケイマンGT4」に倣うデュアルエキゾースト

こうした上記の軽量化対策により、「718ケイマンS」よりも約20kgも軽量化できるとのことで、加速性能や走行性能が向上するだけでなく、外観においても「718ケイマンGT4」のようなスポーツエキゾーストシステムと、ローライドハイト、スポーツクロノパッケージが標準装備されるとのこと。

気になるパワートレインについては、”ケイマンS”と”GTS”の中間グレードに位置することが大いに予想されるため、パワートレインはやはり”ケイマンS”から引継いだ排気量2.5L 水平対向4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力は”ケイマンS”よりも10ps高い365psを発揮する予定となっています。
トランスミッションについては、マニュアルがラインナップされるかは不明。

気になる価格帯についてですが、これは約750万円~約900万円と予想されています。
発売時期については、2019年を予定していますが、詳細については今のところ判明していないため、情報入手次第公開していきたいと思います。

☆★☆ポルシェ・ライトウェイト関連記事3選はコチラ!☆★☆

ポルシェに軽量タイプの「718ケイマン”T”」が登場?10馬力アップ&20kg軽量化のライトウェイトモデルになるとの噂(2018/10/21投稿)
テックアートがポルシェ「911カレラT」をカスタム。+60馬力向上&コルベット風の4本出しマフラに(2018/8/3投稿)
ポルシェから新グレード「911カレラT」が登場。「911カレラ」ベースで20kgの軽量化(2017/10/23投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう