【インテリア編】レクサス・新型「ES300h」見てきた。世界初のミラーレス「デジタルインナーミラー」はまだまだ改善の余地アリ?【動画有】

2020-05-27

新型「ES300h」のインテリアってどうなの?

さて、10月24日(水)に発売したばかりのレクサス・新型ミドルサイズセダン「ES300h」を早速拝見することに。
今回訪問したのは、今年より点検等お世話になっているレクサス福井さん。
既に話題を集めている新型「ES」ですが、実は1989年にレクサスのフラッグシップモデルとして登場した「LS」と全く同じタイミングで、トヨタ「ウィンダム」の兄弟車種として北米を中心にラインナップされた、いわば”古参モデル”となります。

今回のフルモデルチェンジにて7代目となる新型「ES」ですが、トヨタ「カムリ」にも採用の最新プラットフォームを採用することで乗り心地は劇的に向上し、そのデザイン性はかなり力を入れていることが確認できます。
そして、今回の新型「ES」より世界初となるデジタルアウターミラーを量産車として導入したということで、これについてもインテリアをメインにしながら、動画も交えてチェックしていきたいと思います。

▽▼▽エクステリア編はコチラ▽▼▽


改めて「ES300h」のグレードとオプションを確認しておこう

今回拝見した展示車両は「ES300h version L」という上位グレードのハイブリッドモデル(新型「ES」はハイブリッドモデルしかラインナップしない)で、ボディカラーは新色となる”アイスエクリュマイカメタリック”となっています。
設定されているメーカオプションは、以下の通りとなっていて、ディーラオプションを含めると合計595,080円総支払額は7,575,080円となります。

【展示車両本体価格・オプション価格(税込)】
・車両本体価格:6,980,000円
・デジタルアウターミラー:216,000円
・マークレビンソンプレミアムサラウンドシステム:238,680円
・デジタルインナーミラー:108,000円
・リヤスポイラー:32,400円
・セミアニリン本革/トパーズブラウン/縞杢ブラウン:0円

早速インテリアをチェックしていこう

まずは「ES」のドアを開けてみましょう。
ドアを開けたときの印象は非常に”軽やか”ではありますが、ドアを開けたときの音は”バタン”と、重厚感があり、高級感が感じられます。
内ドア部分をチェックしていくと、「シャトー」と呼ばれるインテリアデザインにセミアニリン本革を採用した上質な仕上がりとなっています。

内ドアハンドルは、「LS/LC」同様にアルミ製で高級感とアンティーク感を演出しています。
内ドアハンドル周りを見ていくと、上部にはシートポジションメモリーの物理スイッチが設けられ、更にその上部には縞杢(ブラウン)のオーナメントパネル、反対に下側にはサイドミラーの格納スイッチやウィンドウボタンが設けられています(このあたりは従来通り)。

ウィンドウスイッチ周りの材質をチェックしていくと、この辺りは意外にも縞杢ではなく、ブラックのプラスチックを採用しているんですね。

ドアを開けたら、早速車内をチェックしていきましょう。
先ほどにも記載の通り、シートはセミアニリン本革を採用したシャトーデザインの落ち着いた色使い。
本革を使用しないシートフレームはブラックにせず、若干ブラウン系の色味をつけることで、更に落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

各グレードのシート材質は選択不可

ちなみに、”version L”以外のグレードにおいて、”エントリーグレード”のシート材質は合成皮革を意味するL tex、”F SPORT”も専用L texが標準装備となり、それ以外のシート材質は選択できないようになっています。
個人的には、”F SPORT”に専用本革シートが設定されていないのは非常に残念ではありますが、全グレードにおいてフロントシートベンチレーション(シートエアコン)とシートヒーターが標準装備されているのは非常にありがたいポイントだと思います。

こちらはサイドシル上に装備される”LEXUS”ロゴ入りのスカッフプレート。
”F SPORT”グレードで見られるアルミ製プレートを他のグレードにも標準的に採用しているんですね。スポーティな演出が施され、乗る者をワクワクさせてくれます。

シートは基本的に電動式で、”version L”は運転席10way&助手席8wayパワーシートを採用しています(他のグレードは運転席&助手席8wayパワーシート)。
特に”version L”のフロントシートにおいては、骨盤角度から検証し、疲れにくい運転姿勢を追究したとのことで、ホールド性とクッション性を両立し、長時間の運転においても快適なすわり心地を提供可能にしているのだとか。
こういったレクサスならではとなる”おもてなし”の気遣いと日本人の考えに基づく技術力というのは非常に評価が高いですし、長距離運転を要する方にとってはオススメのグレードかもしれません。

実際にシートに座ってみよう

実際にシートに座り込んでみましょう。
シートに座った時の印象としては、日本車ならではの”カタさ”はあるものの、不快に感じるようなカタさではなく、むしろシートにフィットするようなソファーのような感じ。
これが”F SPORT”になると更にカタくなると思うのですが、それでもガッチガチでお尻や腰を痛めるようなバケットシートでもないので、非常にソフトなすわり心地ではないかと思います。

ステアリング周りを見ていこう

ちなみにステアリングホイールやダッシュボードはこんな感じ。
ステアリングは大口径で握りやすく、縞杢の高級感が加味されて極めて上質だと思います。
パドルシフトも装備されているので、個人的にこのポイントはグッド。

ステアリングの右下あたりには、上のようにワンプッシュボタンでオープンし、ETCユニットが中に設けられています。

ナビゲーション画面はワイドな12.3インチを採用

センターのナビゲーション画面は超ワイドな12.3インチを採用。
12.3インチディスプレイを採用している車種は「LS/LX/LC/GS/RX」の上位車種のみとなるため、そこに上手く仲間入りをした感じですね。

スイッチ類はかなりシンプルな配列

ワイドなナビゲーション画面の下には、エアコン操作やオーディオ調整用のインストルパネルが設けられています。
他社モデルでは、タッチパネルの使用範囲を拡大することで、物理スイッチを限りなく少なく設定してきていますが、「ES」に限らずレクサスではこうしたアナログな物理スイッチを多用していますね(使い勝手は間違いなくコチラの方が良いんですけどね…)。

更に下に配置されたセンターコンソール付近には、シートベンチレーションやシートヒータボタン、CDプレーヤー/SDカード挿入口が設けられています。

気になるセンターコンソールは?

更に手前のセンターコンソールはこんな感じ。
センターシフトノブは「LS/LC/CT」のようなジョイスティックタイプではなく、ゲート式を採用しており、高級感を演出するためにシフトブーツも装備していますね。
ナビゲーションをコントロールするリモートタッチは、タブレット式のような”なぞる”タイプとなっています。

ラゲッジスペースはこんな感じ。
車検証や取扱説明書以外収納するのはちょっと厳しそうですね。

最も注目のデジタルアウターミラーを見ていこう

そしてコチラが噂のデジタルアウターミラー
量産車初となるミラーレスを採用し、雨の日や雪の日でも視認性を確保する次世代ミラーとなります。
但し、このデジタルアウターミラーは、”version L”でしか設定できない有償オプションであり、おまけにそのオプション価格は216,000円と超高額となっています。

実際にデジタルアウターミラーを見ていくと、フロントフェンダー辺りに細長~いアウターカメラが設けられ、そこに映し出された映像が車内の運転席側と助手席側に設けられた5インチディスプレイと連動しています。

少し見にくいですが、運転席側と助手席側に5インチディスプレイが設置されていることが確認できるかと思います。
実際に、このディスプレイを見て直感的に思うことが4つありました。

①”外付け感”がスゴい

まず一つ目が、パッと見で”取って付けた”感がハンパ無く、いかにも自作で作りましたという雰囲気が醸し出され、先進的なデザインに見えないのが残念なところ。

②ディスプレイの角度調節ができない

二つ目が、5インチディスプレイの向きや角度を調節できないということ。
これまでは、人の体格や身長の高さの違いによって、サイドミラーを調整してきましたが、そういった調整がこのディスプレイではできません。
すでにメーカが指定した角度にて取付けられるため、確実に人によって”見にくい”という意見が出てくることは間違いないと思います。

③ディスプレイが見にくい

三つ目は、ディスプレイの映像が想像以上に見にくいということ。
鮮明に映るとは言っても、5インチディスプレイということもあって、解像度は知れてると思いますし、仮に映像が乱れるようなことがあれば、間違いなく事故の原因に繋がってしまいますね。

④謎の電池マークが…

そして四つ目は、ディスプレイの右上に電池のマークが見えるかと思いますが、まさかのバッテリ駆動ということで、電池が無くなったら映らないという大きな欠点があります。
常にバッテリ残量を気にしながら両サイドを気にしなければなりませんし、片や助手席側のディスプレイは見にくいともなると、視認性どうこうというよりも実用面で不便さが出てくることは間違いなさそうです。

ただ、こういった”世界初”の技術を取り込むモデルというものは、どうしてもデメリットが多く出てきてしまうものですし、様々なデメリットを克服してより良いものにしていくことが重要になると考えています。
なお、ドライバ視点から見るデジタルアウターミラーは以下の動画にてチェック。

【20181024_レクサス・新型「ES300h」見てきた【インテリア編】】

最後は後席を見ていこう

最後は後席になりますね。
実際に座り込んでみたときの印象としては、フロントよりも若干カタい印象は受けますが、非常にゆったりとくつろげるだけの余裕はあるかと思います。

足元はこんな感じ。
フロントシートを最適なシートポジションに設定した状態にして座り込んでいます。
身長182センチの私が座って、膝とシートバックとのクリアランスは拳一つ分ぐらい余っています。
シートも結構深く座れるので、頭が天井にあたるということはないのですが、足を伸ばしながら…というのはちょっと厳しそうですね。

フロントシート間にあるエアコンの吹き出し口やコンセントはこんな感じ。

リヤトランクスルーは中々に上質

ちなみにリヤシートには、しっかりとアームレスト付のトランクスルーが装備されています。
”version L”では、後席専用のシートヒーターやパワーシート調整、そして温度設定や音量設定等の物理スイッチも設けられているため、快適な室内空間が提供されます。
もちろん、ドリンクホルダーも装備。

リヤガラスやリヤクォーターガラスには、日除けのためのリヤサンシェード(手動)が標準装備されていますね。

最後に「ES300h」の主要緒元と価格帯もチェック

以上が、新型「ES」の【インテリア編】となりますが、内装の質感や快適性は非常に高く感じたものの、やはりデジタルアウターミラーの存在感は色んな意味でインパクトが相当に強かったです。
まだまだ改善の余地があるミラーレス機能ですが、今後レクサスがどのようにブラッシュアップしていくのか注目していきたいところです。
なお、新型「ES」の主要緒元とグレード別の価格帯は以下の通りとなっています。

【主要緒元】
①エンジン:排気量2.5L 直列4気筒自然吸気エンジン+電動モータ
②全長4,975mm×全幅1,865mm×全高1,445mm・ホイールベース2,870mm
③エンジン出力/最大トルク:178ps/221Nm
モータ出力/トルク:120ps/202Nm
④トランスミッション:電気式無段変速機
⑤使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
⑥燃費(JC08モード):23.4km/L
⑦燃料タンク容量:50L

【ES300hの価格帯(税込)】
ベースグレード(FF)・・・5,800,000円
F SPORT(FF)・・・6,290,000円
version L(FF)・・・6,980,000円

☆★☆レクサス「ES」関連記事4選はコチラ!☆★☆

レクサス・新型「ES」に量産車世界初のミラーレスとなる”デジタルアウターミラー”を採用。悪天候時や車線変更時の死角もクリアに【動画有】(2018/9/12投稿)
レクサス・新型「RC/ES/UX」がパリモーターショー2018出展へ。特別仕様の「LC」も登場(2018/9/5投稿)
レクサス・新型「ES」が北京MS2018にてワールドプレミア。「GS」よりも大きく、「LS」並みの乗り心地を提供する最強セダン【動画有】(2018/4/25投稿)
見た目完全に「LS」。日本でも販売されるレクサス・新型「ES」のティーザー映像が公開【動画有】(2018/4/18投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう