2020年モデルのランボルギーニ・新型「ウラカン」のティーザー画像が公開。若干変更のヘッドライト、フロントバンパーも明らかに

2020-05-27

遂に新型「ウラカン」のティーザー画像が公開

 

2020年モデルとして登場予定のフェイスリフト版となるランボルギーニ・新型「ウラカン」のティーザー画像が公開されました。
今回のティーザー画像はAutoExpressより提供されたものですが、一部再設計されたと思われるLEDデイタイムランニングライトとヘッドライト、大きく変更されるフロントバンパーが採用されます。

ティーザー画像でも少し確認できますが、フロントエアインテークは角度のあるスタイリング要素を持ち、グロスブラックのアクセントを加えた新しいフラットなフィンやサイドスクープも変更されます。


現行デザインとどう変わるの?

フロントデザインを比較してみると…左側が今回のフェイスリフト版「ウラカン」で、右側が現行の「ウラカンLP610-4」。
フェイスリフト版では、後期型の「ガヤルド」のようなエアインテークを持つことが確認でき、よりスタイリッシュで引き締まった顔つきに変化すると思われます。

リヤデザインはこんな感じ。
リヤマフラが両サイド2本だしから「ウラカン・ペルフォルマンテ/アヴェンタドールSVJ」と同じセンター2本だしへと変更され、新デザインのリヤディフューザーとベントが追加されます。

インテリアも大きく変更されます。
現行「ウラカン/アヴェンタドール」には無かった縦長のタッチスクリーンインフォテイメントシステムが搭載され、23の異なるボタンや3つのコントロールノブが採用されています。
このタッチスクリーンは、世界限定40台のみ販売された「チェンテナリオ」に似たインテリアを採用していることから、今回のフェイスリフトはかなり力を入れた変更なのだと思われます。

パワートレインについては、正確な数値ではないものの排気量5.2L V型10気筒自然吸気エンジンはそのままに、最高出力610ps→620ps/最大トルク560Nm→580Nmへと向上する?とも言われています。

☆★☆ランボルギーニ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう