ホンダ・新型「N-WGN」?それとも三菱・新型「eK X(クロス)」?栃木県にて、謎の開発車両がキャッチされる

2020-05-27

スポンサーリンク

この開発車両は一体?

栃木県にて、ブラックのボディカラーにカモフラージュラッピングラッピング&偽装された謎の開発車両がテスト走行を実施。
サイズ感・スタイリング等を見てみるとトールワゴン風にも見えることから、以前より目撃されているホンダの新型「N-WGN」か、現在大きな話題となっている三菱・新型「eK X(クロス)」と推測できます。

現時点では明確に判明はしていないものの、よくよく考えてみたらリヤの仮ナンバープレートを見てみると”宇都宮”と表記されていることから、宇都宮工場のあるホンダの可能性が高く、そうなると必然的に新型「N-WGN」と考えることができますね。

スポンサーリンク

早速前回キャッチされた開発車両と見比べてみよう

コチラが以前目撃された新型「N-WGN」の開発車両(と思われる)。
先ほどのブラックの個体と比較してみると、スタイリングは確かに似ているのですが、よ~く見てみるとリヤワイパーの装着位置がリヤバンパーセンターの上部になっていて異なっていることがわかりますね。
ブラックの開発車両はリヤバンパーセンターの上部ではなく、若干左側上部に装着されているため、全く同じ個体であるとは言えませんね。これはかなり見分けが難しいところ。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型「eK X(クロス)」の可能性は?

ちなみにコチラが三菱の新型「ek X(クロス)」のリヤデザイン。
リヤワイパーの位置や、リヤテールランプの点灯位置などは上手いこと一致していますね。
あとはルーフスポイラーやトップルーフのセンターが凹んでいるところも似ていますし、これはこれで結構一致している部分がありますね。
ただ、新型「eK」の生産拠点は岡山県の水島製作所になることを考えると、「わざわざ宇都宮で仮ナンバー取得してテスト走行するか?」と思ってしまうのが普通。

▽▼▽関連記事▽▼▽

デザイン性は若干異なるにしても、工場近くにてテスト走行を実施するということを考えれば、やはりホンダの新型「N-WGN」である可能性が高そうですね。

ベストカーの情報によれば、今年の8月に新型「N-WGN」がフルモデルチェンジする予定とのことで、しかも現行「N-BOX」と同じ新開発のプラットフォーム採用するとのことから、広い室内と使い勝手さを向上させ、更にクオリティを高めてくることは間違いなさそう。
価格帯については、10万~15万円の価格アップは十分に考えられ、そうなると標準グレードでは120万~160万円、カスタムグレードでは150万円~180万円になるのではないかと予想されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう