日産・新型「ジューク(Juke)」の一部詳細が明らかに!何とPHV(プラグインハイブリッド)とマイルドハイブリッドモデルがラインナップへ

2020-05-27

~日産・次期「ジューク」に新たな情報が浮上!~

今秋よりいよいよフルモデルチェンジ版として新たに登場する予定の日産・新型「ジューク(Juke)」ですが、このモデルに関して新たなる情報が展開されています。

海外ニュースサイトAutoExpressによると、2019年末までに第2世代モデルとして登場する予定の新型「ジューク」は、日産「キャッシュカイ/エクストレイル」やルノー「クリオ/カジャー/コレオス」等にも搭載されるCMF-Bプラットフォームを採用する予定となっています。


~新型「ジューク」ではプラグインハイブリッド(PHV)モデルが登場する?!~

CMF-Bプラットフォームは、内燃機関モデルのみに留まらず、ハイブリッド(HV)やプラグインハイブリッド(PHV)、そしてオールEVといった電動パワートレインを搭載することが可能となっているため、韓国自動車メーカである起亜「e-Niro」やヒュンダイ「コナEV」といったEVモデルのライバルも視野に入れて開発が進められています。

そして今回新たに登場する新型「ジューク」においても、どうやらPHVモデルをラインナップする可能性が高く、パワートレインも排気量1.6L 直列4気筒エンジン+電気モータ、容量9.8kWhのバッテリー(バッテリーのみでの航続距離30km)を組合わせるといったかなり詳細な情報も明らかになっているようです。

また今回のフルモデルチェンジにより、CMF-Bプラットフォームはバッテリの搭載位置を改善し、室内の快適性を損なわない設計となっているため、現行「ジューク」でも非常に指摘の多かった足元の狭さと天井の低さは、新型にて改良されると言われています。
またホイールベースも延長されるので、後席の快適性も向上することは間違いなさそうです。

加えてマイルドハイブリッドモデルもラインナップする予定で、排気量1.0L 直列3気筒ターボエンジンと、排気量1.5L dCiディーゼルエンジンの既存の2種類のエンジンを流用し、ハイエンドグレードにおいては四輪駆動もラインナップする予定とのこと。

その他の装備内容については、インテリアのインフォテイメントシステムにApple CarPlay/Android Autoを適用させたり、プロパイロット機能を追加させるなど、安全装備についてもしっかりと考慮されているとのことなので、このあたりも今後注目していきたいところですね。

☆★☆「ジューク」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう