新型「ジムニー」よりも更にユニークなカラーリングに!メルセデスベンツが100万通りの組合せを可能とした「Gクラス」専用”G Manufakturプログラム”を発表

2020-05-27

スポンサーリンク

~これで「Gクラス」も更にユーモアある色合いに進化できるぞ!~

40年以上の長い歴史を持つメルセデスベンツの名作ともいえるオフロード四輪駆動モデル「Gクラス(Mercedes Benz G Class)」ですが、このモデルのためだけに特別に準備された”G Manufaktur Program(Gマニュファクチュア・プログラム)”が発表されました。

スポンサーリンク

~何とカラーの組合せだけで100万通りにも及ぶ!~

このプログラムは、「Gクラス」に設定されるオプション等を活用することで100万通り以上の組合せからオーナーの好みに合わせてカラーレイアウトを設定できる夢のオプションとなっています。

もちろん、ディーラに行かずとも事前にメルセデスベンツの公式オンラインコンフィギュレータへとアクセスすることで、どういったデザインに仕上げたら良いかも確認することができます。

なお、ボディカラーについては23種類の特注カラーを含むラインナップより選択が可能で、オプション費用にして約27万円~約64万円にて設定することが可能(新型「ジムニー」よりもユニークな色合いに設定できるのも大きい!)。

モノトーンカラーだけでは満足できない方には、ノーブルブラックといったアクセントカラーも準備されているようで、ボックス型オフロード四輪駆動モデルを更に際立たせるデザインに仕上げることができ、更にスペアホイールカバーにもグロスブラックや同色素地にて仕上げることも可能になっています。

~インテリアも自分好みで個性あふれるデザインに~

インテリアもかなり充実しています。
インテリアにおいては、64種類以上の専用シートを提供することを可能にしているそうで、その中にはダークレッドやブラックの2トーン仕様を可能としたレザーシートとステアリングホイール、更にはブラックとライトグリーンのレザーシートといったユニークなレイアウトも可能にするとのことで、この辺りはユーザーの趣味嗜好に合わせて上手くまとめ上げられそうですね。

なお、この特別プログラムは、メルセデスベンツ「AMG G63」を含む全ての「Gクラス」に適用可能ということで、自身の予算に見合った最適な一台に仕上げられると思います。

【Mercedes-Benz G-Class (2019): G manufaktur】

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Mercedes Benz

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう