スズキ「ジムニー」や「AMG G63」よりも圧倒的にハイパワーでエコ!ジープ「ラングラー」ルックの過激EVオフロードモデル・ボリンジャーの正体とは?

2020-05-27

~発売すらしていないのに2度目のフェイスリフト!ボリンジャーって一体何?~

アメリカのスタートアップ企業であるボリンジャー(Bollinger)が、現在開発しているオールEVオフロードモデル「B1(SUV)/B2(ピックアップトラック)」。
実はこのモデル、未だ発売すらしていないにも関わらず、2018年に一度”フェイスリフト”されていて、そのフロントフェイスはランドローバー「ディフェンダー(Land Rover Defender)」にも似たデザインが公開されました。

そして今回、またまた発売していないにも関わらず2回目の”フェイスリフト”が行われ、その公式レンダリング画像が公開。
SUVスタイルの「B1」とピックアップトラックスタイルの「B2」がそれぞれ公開されていますが、いずれもジープ「ラングラー(Jeep Wrangler)」のような顔つきに変化し、以下にもオフロードを楽しむためのアドベンチャーモデルへと進化しています。


~オフロードを走破するためだけに作られたクレイジーモデル~

いずれのモデルも共通して言えることは、車両には必須ともいえるドアが無いということで、その代りとしてシンプルなチューブフレームドアを採用することでちょっとした軽量化にも貢献。

また暗い道でも安定した視認性を得るために、ルーフトップには8つの大きなドライビングライトが設けられ、更にはフードマウントとリヤマウントのスペアホイール、新デザインのタイヤホイールセット、ウィンチを改良。
特にSUVモデルの「B1」は、巨大なスチール製ルーフラックへのアクセスを容易にするために、小さなルーフラダーを採用しています。

~そもそもの発売時期は不明。スペックは環境を配慮したハイパワーエコ!~

かなりクレイジーなモデルでありながらも、オフロードモデルとしてはかなり楽しそうな「B1/B2」ですが、そもそもこのモデルがいつ頃販売されるかも全く不明なまま。
顧客からの問い合わせも非常に多いようで、とりあえず年内発表・発売を急ぎ、2020年には顧客へと納入できるように準備を進めているとのことです。

なお、これらのモデルに搭載されるパワートレインは、両車共通で1基の電気モータと120kWhのバッテリパックを搭載し、システム総出力614hp/最大トルク905Nmを発揮。
航続可能距離は320kmにまで到達する、意外にも実用性にも富んだスペックとなっています。

☆★☆オフロードモデル関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう