【大黒PA】何と光岡自動車・新型「ロックスター」が登場!世界限定63台のみのランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ63”風”」にカスタムされた唯一無二のモデルも【動画有】

2020-05-27

スポンサーリンク

~あの話題の「ロックスター」が早くも大黒PAにて登場!~

昨日7月28日(日)の首都高速道路・大黒PAにて、光岡自動車の創業50周年を記念する特別モデル「ロックスター(Rock Star)」が早くも登場。
この個体は、マツダ「NDロードスター」をベースにした特別モデルで、外観はシボレー「コルベットC2」のようなレトロさ(ただし道交法規定上、リトラクタブルヘッドライトの装着は不可能)を持たせた過去と現代の融合モデルとなり、つい先日光岡自動車にて生産がスタートしたばかり。

もしかすると今回目撃されている「ロックスター」が納車第一号の可能性も高そうですね。

スポンサーリンク

~ボディカラーも独特で見た目もかなり個性的~

外観については、とても現代のクルマとは思えないほどに「復刻版コルベットC2?」といわんばかりで、その美しい流線形を描くボディラインやソフトトップのデザイン(今回はオープンにしている)やクラシカルなAピラー、ヴィンテージ風のアルミホイール、ボディカラーまで全てがレトロ風に仕上げられた妥協なき一台となっています。

インテリアはちょっと確認できませんが、どちらかといえば現代的でマツダ「ロードスター」に寄せたようなレイアウトとなっています。
センターコンソールにあるトランスミッションは、全2グレードの内、上位グレードは6速MT/6速ATのいずれかから選択可能となるため、こういったところの希少性を前面的に押し出してくるところは光岡自動車らしいところ。

なお、ボディカラーも豊富でそのどれもがレトロなカラーリングを採用。
カラー名称もアメリカ都市を用いたレトロネームとなっているのですが、今回大黒PAにて登場したのは「シスコ・オレンジ」という個性的なカラーですね。

~だけど中身はマツダ「NDロードスター」~

ちなみに「ロックスター」のパワートレインは、先述にもある通りマツダ「NDロードスター」をベースにした排気量1.5L 直列4気筒エンジン(SKYACTIV-G 1.5)を搭載しています。

~例のランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ63」仕様も登場!~

そしてこちらはランボルギーニが世界限定900台のみ販売した「アヴェンタドールSVJ」をベースに、更なるエクストリームモデルに仕上げた限定63台のみ販売の「アヴェンタドールSJV63」”風”に見立てた一台。

少しややこしいですが、今回大黒PAにて目撃された個体は「アヴェンタドールSVJ63」ではなく、「アヴェンタドールSVJ」に特殊なラッピング等を施した”SVJ63風”のカスタムモデルとなりますね(ある意味このカスタムモデルは”SVJ63”よりも希少なワンオフモデルかも)。

ちなみに最も気になるであろう「アヴェンタドールSVJ63」の価格帯ですが、知人より特別に提供いただいた見積もりを以下にて公開していますので参考にしていただけると幸いです。
車両本体価格だけで69,590,303円(約7,000万円)となります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

 【2019.7.28 日曜日の大黒PAに集まるスーパーカーを撮影!daikoku pa supercar !】

☆★☆関連記事3選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう