これマジ?”絶対不可能”と言われた「ラ・フェラーリ・アペルタ」のテーラーメイドモデルが登場。オーナーは約20億円のブガッティ「ラ・ヴォワチュール・ノワール」の納車も控えている?

2020-05-27

~製作不可能と言われた「ラ・フェラーリ・アペルタ」のテーラーメイドモデルが登場!~

フェラーリが世界限定209台+1台のみ販売した”世界で最も購入が難しい”とされる「ラ・フェラーリ・アペルタ(La Ferraru Aperta)」がサウジアラビアにて納車される模様。

しかも今回納車された個体は、これまでに見たことの無い「素材から加工・仕上げに至るまで、無限の組み合わせによってパーソナライズを可能」とするテーラーメイド・プロジェクト(いわゆるワンオフモデル)が採用されているとのことで、恐らくフェラーリオーナーの中でもトップクラスに位置する人物しか得ることのできない唯一無二の一台ではないかと思います(テーラーメイド仕上げにできないことは、以前「ラ・フェラーリ・アペルタ」を所有するオーナー様に確認済み)。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~その美しすぎる「ラ・フェラーリ・アペルタ」も見ていこう~

早速テーラーメイドによって仕上げられた「ラ・フェラーリ・アペルタ」を見ていくと、ボディカラーはバルーン系に近いホワイトカラーで、フロントフードにはブラックのアクセント、そしてそれ以外の下廻りのエアロ関係は全てカーボンファイバパーツを装備していますね(この辺りは従来と変わらず)。

足もとにはフェラーリ純正のスター形状を意識したシングル5スポークホイールを装着していますが、ブロンズカラーにてペイントされており、これは今までの「ラ・フェラーリ・アペルタ」では見れなかった新しいデザイン。

足もとのブレーキキャリパはシンプルなブラックが設定されていますね。

こちらはエンジンルーム。
カーボンファイバ製エンジンカバーに加え、テーラーメイド仕上げとなるブロンズ系のシングルストライプが追加。
これも今までの「ラ・フェラーリ・アペルタ」では絶対に見ることのできない仕上がりですね。

こちらがインテリア。
何とシートはブラックを基調としながらもホワイトやブロンズ、そしてイエローのアクセントが入ったオリジナリティ溢れる配色に。
ヘッドレストのエンボス加工されたプランシングホースもブロンズカラーにて仕上げられ高級感が加味されています。

シートはレザーとアルカンターラのバイマテリアルシートを採用し、それ以外はほぼカーボン仕上げ。これだけで一体いくらかかってるんでしょうか?

エアコンの吹き出し口周りにもブロンズのアクセントを追加。

センターコンソールには「FINO ALLA FINE(フィーノ・アッラ・フィーネ)」と表記され、これは”最後まで”を意味しますが、もしかすると一番最後に製造された「ラ・フェラーリ・アペルタ」の可能性がありますね。

なお、「ラ・フェラーリ・アペルタ」は新車価格にて約2.4億円で販売された個体ですが、既に中古車市場では7億円程で販売されるほどに転売価値の高い一台。
今回のようなテーラーメイドモデルともなれば、恐らく中古車市場では10億円を超えることは間違いなさそうです。

~ところでこの個体のオーナーは誰なの?~

 

この投稿をInstagramで見る

 

Badr Bin Saudさん(@b14)がシェアした投稿

ちなみに今回このモデルを所有するオーナーは、サウジアラビアの中でもトップクラスの資産を持つことでも有名なバドル・ビン・サウード(Badr Bin Saud)氏で、彼は既にホワイトカラーの「ラ・フェラーリ・アペルタ」を納車済み(「ラ・フェラーリ(クーペ)」に至っては3台以上も所有)。
つまり、今回のテーラーメイドモデルで2台目の「ラ・フェラーリ・アペルタ」ということになります。

もちろん、これ以外にもメルセデスベンツ「CLK GTR」やポルシェ「918スパイダー/カレラGT」、ランボルギーニ「ヴェネーノ/レヴェントン」、ケーニグセグ「レゲーラ」、「フォードGT」等ほぼすべてスーパーカー/ハイパーカーを所有し、更には限定150台のみ販売のアストンマーティン「ヴァルキリー」や限定275台のみのメルセデスベンツ「AMG One」、限定106台のみのマクラーレン「スピードテイル」、そして限定10台のみのアポロ「IE(Intensa Emozione)」もオーダー済みというぶっ飛んだ人物で、その他にもステルス戦闘機やプライベートジェットはもちろん、F1マシンも複数所有しサーキットでも走行するなど、その腕前は相当にハイレベルと言われています。

~オーナーはブガッティ好きでも有名…あの20億円のワンオフモデルも?~

あと、これは補足ですが、彼は以前にもブガッティモデルの中でも本来市販化するはずの無かったグランツーリスモスポーツ専用モデルとなる「ヴィジョン・グランツーリスモ(VGT)」と「シロン」をどこよりも一番に早く納車させた有名人物でもあります。
※すでにVGTはアメリカのオーナーに売却済み

あと、これは個人的に予想していることなのですが、以前より大きな話題となっているブガッティのワンオフモデルで約20億円もする「ラ・ヴォワチュール・ノワール(La Voiture Noire)」のオーナーが誰なのか?ということについて。

噂ではフォルクスワーゲングループの元会長でもあるフェルディナンド・ピエヒ氏、もしくはラルフ・ローレン氏ではないか?と言われていますが、個人的に最も濃厚だと思われるのが「VGT」を納車させたバドル・ビン・サウード氏ではないかと推測。

彼が最もブガッティを愛し、ブガッティからも愛される人物であるとして、それでいて彼は最近「ラ・ヴォワチュール・ノワール」に関する投稿を何度も繰り返し、過去にインスタグラム・ストーリーにおいて「ブガッティが待ち遠しい」という言葉を残していたこともあるので、そう考えると最もオーナーとなり得る一人ではないかと信じています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Badr Bin Saudさん(@b14)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Badr Bin Saudさん(@b14)がシェアした投稿

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆