これが2020年モデルのトヨタ・新型「ヴィッツ(海外名:ヤリス)」?マツダのOEMモデルとは大きく異なるトヨタ独自のスタイルを貫くか

2020-05-27

~遂に新型「ヴィッツ」のフロントマスクが明らかに?~

以前より定期的に目撃されているトヨタの2020年モデル・新型ハッチバック「ヴィッツ(海外名:ヤリス)」の開発車両ですが、これまで目撃されてきた開発車両をベースに”おそらくこの姿にて登場するだろう”という予想レンダリングが公開されています。

今回新たに登場する新型「ヴィッツ」は、フォード「フィエスタ」やフォルクスワーゲン「ポロ」といったスーパーミニモデルを競合とする一台で、更には上質な乗り心地とスポーティな走行性能を発揮するための次世代TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)を採用した一台になることが期待されています。

トヨタは以前、マツダ「デミオ/マツダ2」ベースのOEMモデルである「ヤリス・ハッチバック/セダン」を北米にて発表したばかりですが、今回のモデルはそれとは全く異なるデザインであり、恐らくパフォーマンスや価格帯も全く異なってくるのではないかと思われます。


~品質も高そうで女性ウケも良さそうだが?~

改めてそのレンダリングを見ていくと、フロントエンドは現行「ヴィッツ」のカスケード風グリルを採用し、フロントヘッドライトはフルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」のような大型の単眼LEDプロジェクタ式ヘッドライトとU字型を意識したかのようなシームレスタイプのLEDデイタイムランニングライトを搭載していますね。

この辺りのデザインは非常によくまとまっていてスタイリッシュですし、どことなく小動物のようなユニークさもあって女性ウケも良さそうな外観ではないかと思います。

ただ、ボディスタイルについてはコンパクトハッチバックとは言いながらも、リヤハッチに向けてのボディラインが滑らかな感じではないのがちょっと気になるところ。
リヤデザインのレンダリングは無いものの、フロントデザインを見るだけでも北米仕様の「ヤリス・ハッチバック」とは大きく異なるトヨタ独自のデザインを切り拓きそうな期待感の持てる一台となっているので、早くも登場が待ち遠しいところです。

☆★☆新型「ヤリス/ヴィッツ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう