2020年秋頃に登場すると噂のフルモデルチェンジ版・スバル新型「WRX STI」はこうなる?というレンダリングが公開

2020-05-27

~本当に「WRX STI」は2020年に登場するのか?~

以前、スバルの主要モデルとなる「WRX STI/WRX S4/レヴォーグ(Levorg)」の3車種が2020年秋頃に一気にフルモデルチェンジすると噂されている記事をご紹介しましたが、これに関する記事を海外自動車ニュースサイトMotor1.comも取り上げていて(もちろんソースは自動車情報誌ベストカー)、ソースをもとにした新型「WRX STI」の完成予想レンダリングを公開しています。

ベストカーにも記載されていましたが、スバルの主要モデルとなる3車種は、外観のデザインをある程度踏襲しながらも、細部に渡るヘッドライトやグリルデザイン等を改良し、更にはエンジンやプラットフォームも改良するとのことで、よりスポーティでパワフルながらも上質な走りを提供する個体となることが期待されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~ベストカーの情報をもとに仕上げられたレンダリングを見てみよう~

早速新型「WRX STI」の外観を見ていきましょう。
外観については、これまで通りスバルのアイデンティティとなっているコの字型のフロントLEDデイタイムランニングライトが共通にて搭載されるとのことですが、先日マイナーチェンジ版・新型「インプレッサ」と同様にシームレスタイプが採用される可能性が高そうです。

そして、現行モデルとは大きく異なる奥行きのあるヘッドライトハウジングが採用される可能性があるとのことで、フロントグリルもメッシュデザインを採用することでスポーティな顔つきを提供することは間違いとのこと。

もちろん、四輪駆動(AWD)モデルならではのワイド感溢れるフェンダーや、ターボエンジンらしいフロントボンネットのダクトなども設定され、スバルらしい要素はしっかりと盛り込んでいくようです。

足周りについては、ブレンボ製の強力なブレーキを採用する一方で、ブレーキキャリパやホイールはゴールドカラーになるとも言われているそうですが、この辺りはスバル色に染めていくのか、それとも時代に合わせたカラーリングにするのかは不明。

プラットフォームについては、現行「インプレッサ」に搭載されるSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を流用する予定で、スポーティな走りに加え、剛性を高めることで走りの質を大幅に高めた個体となることが期待されています。

パワートレインについてですが、排気量2.0L F20型の水平対向4気筒直噴ターボエンジンを搭載するとのことで、最高出力320ps/最大トルク441Nmを発揮する模様。

☆★☆スバル関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう