ランボルギーニ新型「ウルス」のハイパフォーマンスモデル?一切カモフラージュされていない謎の開発車両が目撃に【動画有】

2020-05-27

スポンサーリンク

~一体この「ウルス」は何のための開発車両なのか?~

ランボルギーニのSSUVモデルでお馴染み「ウルス(Lamborghini Urus)」ですが、早くもこのモデルのハイパフォーマンス版と思わしき開発車両がドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにて目撃されています。

以前より、「ウルス」をベースにしたハイパフォーマンスモデルの噂はありましたが、今回目撃されているモデルが必ずしもそういったわけではありませんし、本来であれば開発車両用としてカモフラージュラッピングが施されていてもおかしくないのに、そういったことも施されていないので、このモデルがどういった目的でサーキットにてテスト走行を実施しているのかは不明なままになっています。

スポンサーリンク

~パッと見た感じスポーティモデルっぽい~

なおデザインについては特に大きな変更はないものの、足廻りについては明らかにローダウンしている印象があり、現行よりも更に堅くスポーティなサスペンションをインストールしている可能性が高そう。
撮影のアングルにもよるとは思いますが、ホイールハウススペースが相当に狭いですし、もしかしたらブレーキディスクやホイールデザインも変更されている可能性もあるかもしれませんね。

リヤデザインについても特に大きな変更は無いものの、両サイド2本出しのエキゾーストマフラの直径が少し大きくなっているようにも見えます。
あっ、もちろんこれもカメラのアングルによるものだと思いますが…少し自信無くなってきました。

~ところで以前から噂されていたハイパフォーマンス版ってどんなモデル?~

ちなみに、今回の開発車両では確認できませんが、以前より噂されているハイパフォーマンス版は、上の様な過激なフロントマスクを持つ「ウルスST-Xコンセプト」と呼ばれるもので、おそらくこのデザインをベースにしつつ、より量産版に近づけたトーンダウンした内容になるのではないかとの噂も浮上。

大きな追加要素としては、ロールケージやシャシーの補強、カーボンファイバコンポーネントの多用化等、従来のSUVモデルでは中々装備されない過激なスポーツ志向になるのではないかと推測。

加えてパワートレインについても、従来モデルの排気量4.0L V型8気筒ツインターボチャージャーエンジンはそのままに、ECUアップデート等により最高出力650ps以上/最大トルク850Nm以上になることが期待されています。

【WHAT IS LAMBORGHINI TESTING WITH THE URUS ON THE NÜRBURGRING??】

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう