ホンダ「フィット」ベースのフルモデルチェンジ版・新型「シティ(日本名:グレイス)」の新たなるティーザー動画が公開!日本でも新型「グレイス」が登場するかディーラにて確認してきた!【動画有】

2020-05-27

~新型「シティ」は発表前からかなりの注目が集まっているようだ~

さて、いよいよ11月25日に世界初公開されることが決定したホンダのフルモデルチェンジ版・新型「シティ(Honda City)」ですが、このモデルに関する新たなティーザー映像がリリースされました。
今回のモデルは、新型「フィット(FIT)」をベースとした4ドアスポーツセダンということで、日本市場では現在5ナンバーセダンとして「グレイス(Grace)」という名称にて販売している人気の高い一台となっています。


~噂の新開発1リッターターボエンジンは、33%の燃費向上に貢献している模様~

今回のティーザー映像では、新型「シティ」に関するデザインは確認できないものの、同社フラッグシップセダン「アコード(Accord)」やスポーツセダン「シビック(Civic)」を想起させるようなアグレッシブなフロントフェイスになることが予想されるも、ファミリー向けに馴染みのある顔つきになるとの噂も浮上しているそうです。

今回で第5世代モデルとして登場する新型「シティ」ですが、ホンダによれば”スポーティで豪華な外観”を持つ一方、”より広々としたキャビン”を提供するとのことで、更にはより強力なパフォーマンスを提供しながらも、33%の燃費向上を実現した新しいターボエンジンを搭載するとも説明しています。

気になるそのパワートレインとしては、以前より噂されてきた新開発の排気量1.0L 直列3気筒ターボチャージャーエンジン(最高出力 約120hp)と搭載し、トランスミッションは6速MT/CVTの何れから選択が可能と言われています。
そしてもう一つが、排気量1.5L 直列4気筒i-VTECエンジンとマイルドハイブリッドを組合わせたグレードがラインナップされると言われています。

【Honda City Success and Next Challenge】

~ところで日本市場での新型「グレイス」の市販化は?~

via:https://www.honda.co.jp/

そしてここからが最も気になる日本市場での新型「グレイス」の発売時期についてですが、これについては先日、いつもお世話になっているホンダディーラの担当セールスさんにお聞きしたところ、2019年11月初めの段階では正確な情報は入ってきていないものの、2020年に新型「グレイス」が登場する可能性は低いとのことでした(2014年に新型が発表されて6年が経過することを考えると、2020年に登場してもおかしくないが…)。

現時点で確定している2020年の新型モデルといえば「フィット4(FIT4)/アコード(Accord)」ですが、何れにもデュアルモータを組合わせた新開発ハイブリッドシステム”e:HEV”が搭載されますが、恐らく2020年以降に登場するであろう新型「グレイス」にも、この”e:HEV”が採用されることは間違いないとのことです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

via:https://www.honda.co.jp/

またデザイン性においても、11月25日に発表される新型「シティ」がベースになる一方で、パワートレインについては、排気量1.0Lターボがラインナップされる可能性は低いそうで、おそらくハイブリッド一本に絞られるのではないか?とのこと。

☆★☆ホンダ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう