マンソリーが”かなりソフト”なランボルギーニ「ウルス」専用ボディキットを発表。控え目ながらもカーボンが目立つクールデザインに

2020-05-27

~マンソリーはあらゆるスタイルに適応したカスタムが可能のようだ~

原型からかなりかけ離れた過激カスタムを施すことでも有名なマンソリーが、ランボルギーニのSSUVモデル「ウルス(Lamborghini Urus)」をベースにした専用キットを世界初公開しました。

今回チューナーが発表した専用キットは、カスタマイズプログラムの一部であるとして、(控え目ながらも)カーボンファイバ製となるフロントエプロンやリップスポイラー、フレアフェンダー、サイドスカート、リヤディフューザーといった専用キットを装着しています。


~但し装着するエアロパーツは全てカーボンファイバ製~

その他にも、マンソリーオリジナルのフロントフードやフロントフェンダーのリワーク、サイドミラーキャップ、ルーフ・テールゲートに装着されたウィング、ダックリッドスポイラー、スポーツエキゾーストシステムが採用され、純正から後付けされたパーツのほとんどがカーボンファイバと化していますね。

足もとには24インチの大口径アルミホイールが装着されていますが、オーナーの要望によって22インチ~24インチに設定することが可能。

インテリアの画像は公開されていませんが、最新のエントリーパネルやカスタマイズされたステアリングホイール、レザー張りのダッシュボード、センターコンソール、フロアマット等も全てマンソリー仕様にアップグレードされているとのことです。
パワートレインについては変更はなく、従来通りとなる排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力650ps/最大トルク850Nmを発揮します。

~過去にはクレイジー過ぎるマンソリーカスタムの「ウルス」も登場~

こちらもマンソリーによってカスタムされたランボルギーニ「ウルス」。
先ほどのカスタムモデルが、いかに”控え目”であったかがよくわかるほどにクレイジーなデザインであることがわかりますね。

元々アグレッシブでシャープなデザインを持つ「ウルス」ですが、まるで「アヴェンタドールSV」のような攻撃的なフロントマスクを持ちつつ、マンソリーらしいフロントフードやフロントスプリッター等にカーボンファイバを多用しながらも、フロントのエアインテークやベント付フロントフェンダー、そして何ともカッコ良すぎるフロントウィングレットの他、空冷・空力等の機能的な部分も備える万能すぎる仕上がりに。

サイドはこんな感じ。
フロント・リヤフェンダーモールはオフロードに全然適さない(勿体なくて走れないが正?)カーボンファイバパーツを採用。何かもう…ゴリゴリ過ぎて車とは思えない程のガンダム感です。

足元には複雑なY字スポークのブラックペイント+リム周りはブルーペイント仕上げとなる24インチアルミホイールを装着。
ブレーキキャリパはマンソリーブランドでブルーペイントに仕上げられていますね。

リヤには何ともユーモアあふれるカーボンファイバ製の巨大リヤウィングとリヤスポイラーのダブルセットアップ。
空力とかそういうのではなくて、もはやファッションの領域になってきていますね、コレ。

そして個人的に最もツボだったのリヤディフューザーと一体型となるセンター3本だしマフラ。
ドイツのエクストリームなスーパーカーメーカでお馴染みのアポロが世界限定10台のみ販売した「IE(Intensa Emozione)」と同じレイアウトのマフラに仕上げてきたところはマジでナイス。
男心をくすぐるクールなデザインとなっていますね。

インテリアもド派手ですね…
ブルーを基調としつつホワイトのアクセントが入ったフルレザーが、シートやダッシュボード、マットカーペット、そしてステアリングにも大胆に使用されています。

後席ももちろんブルー。
何だか落ち着ける気がしない…

リヤトランクももちろんブルー。
しっかりとマンソリーのブランドロゴが残されていますね。
恐らくこれだけのカスタムで1,000万円は優に超えると思いますが、マンソリーの中ではまだまだスタンダードなレベルなのかもしれません。

【The Mansory Venatus is the CRAZIEST Lamborghini Urus EVER!】

☆★☆マンソリー関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう