フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「GRヤリス」の新たなティーザー画像が公開!東京オートサロン2020でも正式に出展されることが決定【動画有】

2020-05-27

スポンサーリンク

~遂にトヨタが新たなティーザー画像を公開!~

トヨタは、フルモデルチェンジ版・新型ホットハッチモデル「GRヤリス・プロトタイプ(Toyota GR Yaris Prototype)」の新たなティーザー画像を公開するとともに、2020年1月10日(金)~1月12日(日)に幕張メッセにて開催される東京オートサロン2020に出展することを正式に発表しました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~オートサロンのトヨタブースは注目度満載!~

東京オートサロン2020では、新型「GRヤリス・プロトタイプ」の他にも、「GRスープラGT4/スーパーGT参戦車両/86 BLACKLIMITED Concept/TS050 HYBRID」の他、更には「センチュリー」のトムズ仕様も登場するとのことから、かなりの注目が集められそうです。

なおトヨタは、その前に12月15日(日)に富士スピードウェイにて開催されるTOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2019において、プロトタイプモデルのテスト走行が実施されるとのことで、以下のティーザー映像にもあるような、過激なエンジンサウンドを奏でながらの走りを確認できるかもしれませんね。

【Morizo put GR Yaris prototype to its final test.(日本語字幕付き)】

ちなみに、自動車情報誌マガジンXによると「GRヤリス」の価格やスペックが明らかになっているそうで、パワートレインは新開発となる排気量1.6L 直列3気筒ターボエンジン(最高出力270ps/最大トルク350Nmとの噂)を搭載し、駆動方式はフルタイム4WDといったWRCカー並みのとんでもないスペックを発揮することが期待されており、価格帯は330万円/380万円にて販売されるそうです。

おそらくグレードが2種類ラインナップされているのではないか?と予想できますが、上位モデルと思っていた「C-HR”GR SPORT”」(309.5万円)よりも更に高額になるとのことから、今回のモデルは相当なハード仕様になることが予想できますし、これまでのGRモデルとは全く異なる完成度に仕上げてくるのではないかと思われます。

☆★☆新型「ヤリス」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:TOYOTA

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう