【ウィンカーが見えた!】フルモデルチェンジ版・日産の新型「エクストレイル(海外名:ローグ)」の開発車両がまたまた登場。助手席のスタッフもナゼかピースで対応?【動画有】

2020-05-27

~少しずつ新型「エクストレイル」の細部が明らかに~

以前より何度か目撃されている日産のフルモデルチェンジ版・新型「エクストレイル(海外名:ローグ)」の開発車両ですが、今度はアメリカにてテスト走行中のところを目撃されています。

まだまだカモフラージュの分厚い新型「エクストレイル」ですが、今回の開発車両では、新型「ジューク(Juke)」のデザインをモチーフにしたとされる非常にエッジの効いたフロントLEDデイタイムランニングライトと、ワイドなスクエアタイプだと思われる独立式のフロントヘッドライトが確認でき、更にはウィンカーの点滅も確認することができますね。


~ウィンカーはトヨタ新型「C-HR」風~

こちらが実際にウィンカーが点滅している新型「エクストレイル」。
左側上部のLEDデイタイムランニングライトがターンシグナルするような形でウィンカー点滅していることがわかりますね。
こうした点滅方法ですが、身近な例でいえば10月にマイナーチェンジしたばかりとなるトヨタ新型「C-HR」のような点滅がわかりやすいかもしれません。

少し分かりにくいと思う方は、以下の動画をチェックして頂けたらと思います。
再生したらすぐにウィンカーが点滅するところから開始されます。

【【マイナーチェンジでどこが変わった?】トヨタC-HRのエクステリア&インテリアをご紹介!後期モデルで変わった7つのポイントを実車でチェック!!】

こちらは別の角度から見たウィンカーポイント。
助手席に座っているスタッフがピースサインで答えているのが面白いところ。

その他のデザインについては、前回目撃されている開発車両同様で、大口化されたVモーショングリルや水平基調のロアグリル、フロントフォグランプは確認できないものの、おそらく搭載されるのではないかと予想しています。

リヤデザインもまだまだ詳細はわからないものの、上昇するようなベルトラインや緩やかな傾斜のルーフラインの影響で非常にダイナミックなスタイリングに見えますね。
あとはリヤテールラインプが水平基調に変化しているものの、これがC字形状となるのか、それともシンプルなシームレスタイプになるのかはちょっと不明。

~新エンジンの開発もありつつ、PHVのラインナップも検討中?~

気になるパワートレインについてですが、新開発となる排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンや排気量2.5L 直列4気筒自然吸気エンジン、その他にもe-POWERを組合わせたハイブリッド仕様もラインナップされる予定となっているものの、まだまだ確定事項ではないため何とも言えないところ。
但しトランスミッションはCVTのみになる可能性がたかいとのことです。

上記以外の情報においては、ルノー・日産・三菱アライアンスが共有する次世代プラットフォーム(2020年夏ごろに登場予定となる三菱・新型「アウトランダー」とも共有)を搭載し、電気モータのみで航続可能距離70kmを実現するプラグインハイブリッドも採用する予定となっているそうです。

競合モデルとしては、トヨタ新型「RAV4/RAV4 Prime」やフォード「エスケープ」、ホンダ「CR-V」、シボレー「イクイノックス」、スバル「フォレスター」、ジープ「チェロキー」、マツダ「CX-5」が対象になるとのこと。

☆★☆「エクストレイル」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう