ダイハツが東京オートサロン2020の出展概要を公開!個性的な新型「ロッキー/コペンGRスポーツ」やDQN仕様の「ハイゼット」、更にはスパイダーマンや初音ミクのカスタムモデルも

2020-05-27

~2020年のダイハツは一味もふた味も違うぞ!~

2020年1月10日~12日まで、千葉県の幕張メッセにて開催される東京オートサロン2020に、ダイハツからも複数のコンセプトモデルやカスタムモデルを出展することを発表しました。

既にスズキ新型「ハスラー/ジムニー」を喰いにかかる”市販化を想定した”コンセプトモデル・新型「TAFT Concept(タフト・コンセプト)」を出展することを明らかにしましたが、その一方で市販化をベースにした過激なカスタムモデルも公開します。
早速どういったカスタムモデルを発表するのか見ていきましょう。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~早速ダイハツのカスタムモデルを見ていこう~

まずはフルモデルチェンジ版・新型「タント/タント・カスタム」をベースにしたカスタムモデルで、左側のストリート風カスタムモデル「タント・カスタム Premium Ver.」と、右側のゴリゴリのオフロード風カスタムモデル「タントCROSS FIELD Ver.」を出展。

続いては、以前発表・発売されたばかりとなる新型「ロッキー/コペンGRスポーツ」のカスタムモデル。
左側のオレンジ?&ブラックの2トーンをベースに、グレーのダブルセンターストライプを追加したスポーティ仕様の「ロッキーSporty Style」と、右側のスポーティなレッドのボディカラーにゴリゴリのブラックボンネットを採用した「コペンGR SPORT カスタマイズVer.」を出展。

そしてこちらが個人的にかなり驚いた「ハイゼット」ベースのカスタムモデル。
もやは一般&アフターパーツメーカの出展クラスにまで仕上げてきた内容で、左側が”ボルダリング”の岩のようなデザインが施された「ハイゼット・トラックPEAKS Ver.」と、右側が明らかにDQN仕様(夜の大黒PA/辰巳PAに登場しそう)に過激カスタムされたスピーカーフル採用の「ハイゼット・トラックDJ Ver.」を出展。

ダイハツの身に何が起きたのかはわからないものの、ここまで思い切ったカスタムモデルを発表してくるダイハツのことが更に好きになりそうです。

最後はまさかの漫画・アニメ仕様にカスタムされた「ハイゼット/タント・カスタム」。
左側はボーカロイドでも有名な初音ミクとコラボした「ハイゼット・トラック”初音ミク・マルシェ”Ver.」で、右側はどういったコンセプトなのか全くわからない「タント・カスタム”MARVELスパイダーマン”Ver.」を出展。

何れもぶっ飛んだカスタム内容となっていますが、これはこれで数多くの来場者が見込めるのではないかと思いますし、ダイハツの新たな一面が見れる重要なイベントになるかもしれませんね。

☆★☆東京オートサロン2020関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:DAIHATSU

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう